2022年05月04日

野点の楽しみ


お茶を教える仕事にしているとお茶にもたくさんの考え方があること、それをしっかり整理して伝えないといけないとも思います。
450年ほど昔の歴史的な逸話から現代に至るまでの流れの中でさまざま変化があり、その流れを残したまま厚みを増しているのがお茶の道だと今の段階では考えています。本や茶事、茶会から気づきが有ります。
茶事、茶会、稽古はそれぞれに違う作法がありすべて正解ということを理解する必要があります。

茶事は稽古茶事は教本がありその流れに則って行われます。先ずは教本通りの作法を学びますが、亭主なのか、客なのか、そして客も正客か連客かお詰かで作法が異なります。
沢山体験をして稽古ではない茶事に臨むと良いです茶事は条件も教本とは異なるのでここからは体験していくことで学ぶことができます。なかなか緊張しますがこの学びこそがお茶の楽しみです。教本はあくまで一例なので茶事で何が行われるかを理解するためだけのものです。茶事に招かれたら手順や教本の順番を確認するより亭主の趣向や思い入れをどう感じるかに重きを置かないともったいないことになります。
茶事は主催したり、招かれたりする人間関係を築くことが大切です。流儀の違い等は気にしない方が良いのです。茶事を楽しみたい茶友に出会えることがお茶を学んでいて最も有難いことです。

自分は茶事がこれからの時代人気に成るのではないかと思っています。
続きはまた次に書きます。
posted by torianchado at 18:51| Comment(0) | 日記

2022年05月02日

茶事

今日は肥後古流の茶人の江上さんの茶事に宗徧流正伝庵家元の岩田宗匠の連客としてお邪魔しました。
武家のお殿様のためのお点前、所作の違いも沢山ありましたが概ね6時間を越える茶事で時間の経つのを忘れてしまうくらいゆったりとリラックスして、そして楽しむことのできた心に残る茶事でした。
と同時に今の自分の至らなさと未熟さを痛感し、良い刺激となりました。
まだまだ迷いもあります。勉強不足もあります。
これで終わりということは無いのです。ずっと学び続ける。好きだから。
良い機会に恵まれた初夏の1日でした。

posted by torianchado at 23:54| Comment(0) | 日記

2022年04月30日

これでいい

子供の頃、赤塚不二夫さんの天才バカボンをテレビでよく観ていました。ただ面白いから観ていたのですが、大人になってからバカボンパパの『これでいいのだ』のセリフが重みを増してきました。人生の折り返しをもう過ぎてだんだん心にも柔軟さが無くなり、こだわり、自我に多く支配されるようになってきた近頃ですが、自分なりには『できるだけ心素直に』と思い日々過ごしています。自分の歳の積み重ね、世間の見る今の自分、だんだん固定化されていくのかなとも思います。もう迷ってら時間もあまり残されてはいません。とにかくやることをやるだけの人生です。いくつになっても迷ったりすることもあります。そんな時思い出してみてください『これでいいのだ』を。
posted by torianchado at 22:53| Comment(0) | 日記

2022年04月19日

再会そして歩み



先日5年ぶりに京料理美濃吉の営業の柴田さんと再会しました。
東京で茶会をするときはいつも親身に相談いただき、担当交代までずっとお世話になりました。しばらく忙しさに疎遠になっていたのですが、東京に数年勤務することになったと挨拶に脚を運んでいただきました。

縁とは不思議というか必然とも言えるのですが出会ったときは近い価値観でも時間と経験が重なっていくと方向が変わってきて再び出会うことがなくなったりします。

それが年数を経てまた出会えることはまさに人生の一期一会です。

無常な人生の中でも心という目に見えない儚い頼りないものをいかに満足させて人生を歩んでいくか。

生活の糧を得る、夢中になって楽しめることを持ち続ける。
これで十分だと思います。
posted by torianchado at 12:07| Comment(0) | 日記

2022年04月05日

高め合う師弟

茶道を教えていますが『師匠』と言うにはまだまだ経験も未熟で、出来ていない稽古も沢山あります。
しかし、それはそれでこれから高めていけば良いと思っています。できないことをできないと正直にいえないと
(知らない』ことを隠そうとして他の理由も必要になります。普段からお弟子さんに聞かれて知らないことははっきり知らないという習慣を持つように心がけています。なかなか難しいですが…
それと同時に師匠も弟子も互いに尊敬を持って接することが前提に必要です。
これもややすれば、馴れ合いになり、雑談をしてしまうと折角の稽古というリセットの時間がもったいない気がします。
自分は『雨が降っても、晴れていても絶えず通ってくれるお弟子さん』に感謝しています。
自分は学んできたこと茶道が『これがいい!』と思い先生になりました。『生き方』として茶道を選んですごく幸せになれたのでもしかしたら他にも同じ気持ちになれる人がいるかもと思い今も続けています。
自分の理想はありますがそれよりも楽しいと感じてくれる人がたくさん集まる場所でありたい。
そのために高め合っていきたいのです。


posted by torianchado at 13:14| Comment(0) | 日記