2018年06月19日

季節を伝える行事

置き薬というものがあり子供の頃知らない男性がやってきて祖母と話しながら小さな箱の中味を入れ替えたりしていたのを覚えています。この男性は毎年同じ時期に同じ出で立ちでやってきました。しかしもっと古い記憶をたどれば、最初の記憶は年配の風呂敷を背負った女性がやってきていました。子供心になぜこの人はいつもやってきてどこからきているのだろうと考えていました。祖母から富山の薬売りの人だと聞かされましたが富山がどれくらい遠いか知りませんでした。後年歴史の勉強をしているときに富山前田家藩の奨励した商法だということを知りました。また春休みになると「獅子舞」が決まった時期に来ていました。3人くらいの男性が家に来て家の前で一人の人が笛を吹いて2人の男性が獅子に扮して舞をします。その獅子に頭を噛んでもらうと頭がよくなるといわれました。しかし子供には獅子に噛んでもらうこと自体が恐ろしく家の中から出ないことがしばしばありました。
今は後継者が不足していて大変だということをテレビで見ましたが反面この伝統を残そうと若い方この世界に身を置くということもあるそうです。
自分のやっている茶道も伝統文化の中で比較的よく知られているものですが、次世代につなげる作業というのは、今の時期から始めないといけないと思います。
それは、「道、学、実」(精神修養、知識、実践)を体得してもらわないと次の世代に伝わらないからです。
インターネット、AIなどをつかっても茶道はできません。
それは、人と人との関係が必要で自らが行うことに重きを置いているからです。
昭和の高度成長期を牽引してきたPanasonicの創業者松下幸之助氏はお客様に自らお点前をしてもてなしてから商談に入ったそうです。
温故知新の心をもって稽古に臨む気持ちを持ち続けたいものです。

posted by torianchado at 09:17| Comment(0) | 日記

2018年06月18日

地震

今日関西地区で大きな地震がありました。両親に電話をしてとりあえずすごく揺れたけど大丈夫だったと聞いてひとまず安心しましたが、大阪の方では被害も出ていてとても心配しています。
自分自身は阪神淡路大震災、東日本大震災両方経験しています。
阪神淡路大震災の時は京都で朝方強い揺れを感じ会社に行ってみると大阪方面からの同僚が誰も出勤しておらず、時間を追うごとに被害者の方の数が増えていくのをテレビで見てどうしていいかわからずに出勤している社員だけで業務をこなすしかありませんでした。

東日本大震災の時は二子玉川で国道246号線を車で走って川崎方面に向かっていました。急にハンドルをとられ目の前で橋がつり橋のように揺れ続け交通機動隊のバイクが緊急停止をするように言いましたが橋が落ちたらどうしようと思い何とか橋を渡ったところで車を止めました。
その後川崎市内へ向かうと信号がすべてストップしていて気を付けながらお客さんの所へ行きました。

天災は未然に防ぐことが難しいですが、起こった後に被害を最小限に食い止めることはできると思います。
一人でも多くの方が無事でおられることを切に願います。

posted by torianchado at 13:47| Comment(0) | 日記

2018年06月16日

どんなときにも

先日友人から抹茶風味の商品を作りたいので知恵を貸してほしいと話があり先ずは相談に乗ることにしました。近年スマートフォンやPcなどが仕事に欠かせないものとなり便利の一途をたどる一方それに伴う新たな健康を損なう問題も出てきました。最近のbusiness personたちは地震で健康管理をすることが効率の良い仕事ができるということに気づき始めてします。この友人も運動をすることを推奨しています。
最近本を出版しその後食事に行ったときこの話が出てきました。
抹茶味の商品を出したいとのことで相談です。
先日、千宗室家元の話を聞く機会がありました。茶道の世界も新入会員が増える一方、ずっと茶道の世界を牽引してきた世代から次世代へのバトンタッチをしていくことを家元自ら行っていく必要があると話しておられました。
難しい時代になってきましたが、こういう時は自分自身が何かを行い輝きを放ち進むのが良いです。
その不屈の勇気を失わない限り精神は輝く。
何か新しいチャンスがあれば今がその時だと思います。
今後の展開が楽しみです。


posted by torianchado at 12:08| Comment(0) | 日記

2018年06月15日

鶴首の花入

茶人の発想はとても面白いと思う。例えばお茶の稽古で日常的に使っている道具の名称。
花入一つとっても鶴首、ウズクマル、下蕪、鮎籠、唐人傘、挙げればきりがない。鳥の中で鶴は大きくてひときわ美しいと思いますが、その首の部分と花入れの形状を重ねるところが面白い。
「これは、こうだ」とか「あれはこうするものだ」とか決めつけて話を終わらせてしまうよりも「こうかもしれない」「もしかしたら」という可能性を探して答えのない話をしてもいいのではないかと思う時がある。
そういう発想力が新しいものを生み出すのだと思う。正しいかそうでないかを論じてばかりだとそれはそれで行き詰ってしまう。茶人の発想力にヒントがありそうです。



posted by torianchado at 06:53| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

嬉しかったこと

水曜日の稽古の時、先日の受賞のお祝いにおめでたいお菓子を持ってきてくれました。Ayaさんありがとうございます。
IMG_6401.JPGIMG_6402.JPG

こちらのお菓子屋さんは明治時代に京都から天皇陛下が遷られるときに一緒に上京したそうです。
お菓子の名前も粋です。

こんな気の利いたお祝いは心に花を咲かせますね。
お菓子に心を載せて誰かのことを祝える、そんな人がもっと増えたらいいと思います。

こんな社中に恵まれて幸せです。
皆さんいつもありがとうございます。
posted by torianchado at 21:07| Comment(0) | 日記