2017年04月29日

Slow living

最近国内外からお客様がうちに来るようになって気づいたことがあります。
来る方の多くが、ベジタリアンであったり、ヨガのインストラクターであったり、平和なもの、落ち着けるものを求めて日本にやってきています。数日前に体調を崩してしまい自宅療養を余儀なくされてしまったのですが原因を考えてみると忙しくし過ぎて自分の身体がついていけなくなっていたところでガクッと来たのです。
インターネットで便利になり多くの情報が手軽に入ります。情報を辿っていくのも楽しみの一つですがあまりに過剰に情報を提供され過ぎて疲れてしまうこともあります。
ある意味知らなければ良いもの、知られなくても良いものまでドンドン情報が入ってきます。
便利さに偏り過ぎず自分で判断し自分で行ないできる範囲のことに足りない部分をネットで補うような生活に戻りたいと思います。
PCを使うのも、ブログと仕事だけにしてほかはほとんど見ないようにしています。その方が自分の感性も使って自分で感じることができるからです。
以前見た旅行ライターで日本在住のpico lyer氏のスピーチの中に『究極の幸せは何もせずじっと座っているだけの至福の時間を持つことだ』と言っていたのが印象的でした。
お茶の手作業の多さはまさにSlow livingなのです。
そういうところに惹かれて日本に来る方も多いと思います。
posted by torianchado at 07:29| Comment(0) | 日記

2017年04月27日

自国の文化

一昨日韓国から大学生のYOONさんが家に遊びに来てくれました。日本語の勉強も熱心にしている爽やかな青年でした。ほんの数時間の間でしたが心からの交流ができました。彼の周りでは日本の茶道や武道などの型の文化に興味を持っている人が沢山いるそうです。茶道も400年以上昔に生きた先祖がしていたことを同じように現代に生きる我々が行なっています。司馬遼太郎さんの著書『この国のかたち』で読んだ中で日本が日露戦争に勝利してから第二次世界大戦までの数十年またはもう少し前の明治維新の際それまで私たちレベルの生活の中で行われていたことが変わってしまったというような話もありました。
しかし型に継承される文化は人から人へと残って今に至ります。

YOONさんとお酒を一緒に飲みましたが彼が体を私の前から大きくそらし隠すように飲みました。

韓国では目上の人からお酒を勧められると基本的には断らないそうです。また同席するときはへりくだって目の前でお酒を飲まないのです。

国の違いはありますが人に敬意を示すことは国が違えど同じようにするのです。茶道の平等な考え方にも通じるものでした。

IMG_2859.JPG
posted by torianchado at 15:52| Comment(0) | 日記

2017年04月24日

都忘れ

「都忘れは、鎌倉時代の承久の乱(1221年、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して討幕の兵を挙げて敗れた兵乱)にて佐渡へ流された順徳天皇が、この花を見ると都への思いを忘れられると話されたことに由来します。
昨日のお茶会で初夏の花都忘れを竹の花入に入れてみた。
紫は高貴な色だと言われる。佐渡へ流された後鳥羽院の目にはやはりこの花の色が美しく感じたのだろうかと思いを馳せてみると花が一層美しく見えてくる。

かつて大津にも天智天皇の大津京があった。住み慣れた都に想いを馳せるのは今も昔も変わらない。

これから炉風炉入替れ。初風炉が待ち遠しいです。


posted by torianchado at 11:40| Comment(0) | 日記

2017年04月19日

茶飯釜の茶事

昨日は天気の移り変わりが激しかった。初夏から夏、秋と一気に季節が過ぎ去ったようでした。
夜はすっかり晴れていましたが夜風が涼しく過ごしやすかった。
茶飯釜の茶事は定法が無いので亭主によってやり方が違い、そこがまた面白いところです。
稽古や茶事を相当やり尽くした茶人が行なうものだと感じた。
しかし釜の飯が客の目の前で出来上がる一炊の間は体験したものだけが分かる境地だろうと思います。
お茶には日常で役に立つことも沢山あります。そして非日常的であるものも沢山あります。
どう感じるかはその人がどう考え捉えるかどうかです。いつも探し続け、求め続けることが
人生を豊かに実りあるものにしてくれます。
posted by torianchado at 11:12| Comment(0) | 日記

2017年04月16日

アウトプットとインプット

何かを学ぶとき先ずはインプットすることから始めるのが最初だと思います。インプットは新しい知識や経験が入って来て好きなことだったら尚更楽しくて仕方がない。それを続けていくとやがてある程度の満足がいくところまで達する。そうすると今度はだ誰かにそれを話したくなる。今度はアウトプットしたくなる。そしてアウトプットすると知識や経験の足りなさを感じまたインプットをする。階段をのぼるようにそして時折踊り場があって足踏みしてしまったり。しかしここで諦めてはいけない。成果が見えなくてもかけた時間と情熱は目に見えなくても確実に自分の中で積み上げられている。
自分のいいと思うことを信じて行うのが人生の成功のカギだと信じて疑わない。
posted by torianchado at 07:42| Comment(0) | 日記