2018年10月30日

2019年初点て日程

今月から朝子供達が学校へ出かけた後、近くの公園まで散歩を始めました。
いつも自転車で通る道も歩いて前を過ぎれば発見がたくさんあります。

毎日、朝、新しい時間が始まります。
今日も1日を大切に過ごしていきたいです。

さて、来年度のとうりあんの初点の日程のお知らせです。

1日目 2019年1月12日土曜日(平日の方)
午前の会 10時〜、10時30分〜、午後の会 13時〜、13時30分〜
(濃茶が終わった後、みんなで食事をします)

2日目 2019年1月13日日曜日(土日の方)
午前の会 10時〜、10時30分〜、午後の会 13時〜、13時30分〜(この時間は子供クラスの方中心のご案内です)
(濃茶が終わった後、みんなで食事をします)

会費11000円

教室に記入用紙を張り出しておきますので、皆さん予定わかる方は早めにご記入ください。
〆切12月の1回目の稽古まで。

よろしくお願いします!





posted by torianchado at 10:27| Comment(0) | お知らせ

2018年10月28日

喫茶去

慌ただしい毎日の中にも『閑』を大切にする。お茶のある生き方だと思います。お茶のある人生の楽しみはお茶を通じて『無』になる時間を少しずつ心身で感じ取りある時ふと、その時間を1人楽しむことの幸せに気づく自分と出会えることです。スマートフォンから離れて何もしない時間を過ごすことの有難さを感じるようになればお茶が人生に入ってきている証拠です。

お茶の中でよく耳にする禅の言葉に『喫茶去』があります。まぁお茶を飲みなさい。という意味ですが、中国の高名な禅僧『趙州和尚』5逸話に出てくる話です。誰がきても『まぁお茶を飲みなさい』とお茶を分け隔てなく同じように出す和尚の姿にこだわりのない無の境地を伝える逸話です。

先日鎌倉の極楽寺にあるインドのスパイス屋さん『アナン邸』を訪ねました。
こちらのアナン メタさんの息子さんバラツ メタさんのカレー教室に通っているご縁からです。

懐かしい佇まいの建物の玄関を開けるとアナンさんが出迎えてくれました。
スパイスを買って帰るつもりだったのですが『時間ある?』と聞かれ、あると答えると『お茶をご馳走するよ』と家に上がらせてもらいました。
庭の見える縁側で『フェネグリーク』のお茶をご馳走になりました。

その後茶道に携わっていることを話すと『お茶はどこで発見された?』『最初に飲んだ人は誰?』『千利休とは何者で何をしたのか?』『なぜ人はお茶を飲むのか?なぜお茶を教えてるのか?』など、次々に禅問答のような質問が飛んできました。
勿論アナンさんは全部答えを知っていてあえて質問したのでした。

そして最後に『私はスパイスがいいものだから人に伝えるために様々な活動を続けている。お茶もいいものだから広めるでしょう。それが今ここで一緒にお茶を飲んでる答えだ』と言われました。

一服のお茶をすすめられてお茶を飲むだけでしたが、今までの人生が凝縮された貴重な時間でした。

71724800-1714-4B32-808B-5E247036B4A4.jpeg
最後に一緒に写真を撮ってもらいました。そういえば禅宗の開祖の達磨大師もインド出身でした。
posted by torianchado at 16:35| Comment(0) | 日記

2018年10月25日

侘びの心

侘び茶という言葉わ、知ったのは茶道を始めた時でした。薄暗く落ち着いたシックなイメージを持っていました。しかし言葉では説明できない何となく落ち着いたどっしり構えたおぼろげな印象としか説明できませんでした。
しかし、『南方録』や『山上宗二記』茶書を読み、稽古をして考えて最近ようやく納得のできる答えが見えるようになってきました。

既に多くの先生方が述べられていることですが、利休の侘びは、未完成の美、未完成ということはいつまでも究極を目指し続ける現在進行形なのです。
冬の枝の先にあって春のうららかな日差しの中にはないものです。
過ぎてしまったことよりも、これから今よりも高いところを目指す希望に満ちた心持ちなのです。

これがみんながお茶に魅了される1つの理由だと思います。

今を懸命に生きて明日に希望を持つのが茶道の心です。

稽古を続けていく中で少しずつわかることが増えてくるのが楽しいです。
posted by torianchado at 21:28| Comment(0) | 日記

2018年10月22日

Today's lesson.


991C148E-32A8-4860-BB90-6BEA48D2FA5F.jpeg

Jen, our English speaking student since last August has started to make her thick tea procedure this month!


078E0EC9-4971-47BA-B70A-BA020D24E185.jpeg

Yan has started to do very well on his procedure to make his thin tea.

Amazing students!
posted by torianchado at 09:51| Comment(0) | 日記

2018年10月17日

日々是好日

昨日二子玉川へ出かけました。少し曇っていたものの秋らしい風が心地よく、肌寒く感じる1日でした。

目的は映画。少し前に公開された『日々是好日』を観るためです。

頭で考えず身体で覚えるとか、五感を使って研がれていく自分茶道を始めた時の新鮮な気持ちが蘇りました。 ま

茶道について思うことはその時その時で変化していきます。
始めは着物を着たい、かっこいい、和の世界は日常と全く別世界でその中に身を置いている自分が好きでした。
学べば学ぶ程知りたいことが増えていき、まるで俳句の歌を連綿と作り続けて行くように謎解きをするような感覚でした。

そして今は人を教える立場になり同時に教えることで気づくことがたくさんあることが分かりました。

そして今も何か探し続けながら茶道とともに人生を歩みながら生きる意味を自問自答しています。
その中で思うのは悟りや答えは一生涯続けて求め続けるもので、終わりはないということです。
常に不完全であり、努力の対象であり、理想的で身近なものです。
答えがないことに気づくのが答えなのかも知れない。そんな風にも考えています。
不完全であるからこそずっと成長し続けられるし、半永久的に未来が手の中にあるのです。

それに気づいた時、今まで何となく流れていた日常が『好日』なるのです。
何かする時しない時毎秒瞬間が道を作っていくのです。


お茶はいいですね。
posted by torianchado at 22:30| Comment(0) | 日記