2019年05月29日

未来を見据えて

昨日テレビで痛ましいニュースを観て心が重くまた悲しい気持ちになりました。
最近事件を耳にするたびに考えさせられるのは、歳の近い人間が犯罪に関わることが多いことです。
経済的、社会的に孤立した人の心。心のくせは長い年月をかけて構築されて目に見えないだけに良い方向に
向けていくのは自分の力では難しい。
心の育成は子供の頃から培われる教育が一助になるのではと考えます。
少なくとも義務教育の間は学校で同じように学ぶことはできます。
そしていつも思いますが仕事によって優劣や差別を他人からも自分自身からもするべきではないと思います。
人を羨ましく思いたくなるのは人の世の常ですが、他人と比べるのではなく自分を信じて置かれた場所で咲くこと。こんなことを教えてくれる他人がいればもしかしたら人の心に一隅の光を照らすことができるのではないかそう考えて茶道で出来ることを考えていきたいです。
posted by torianchado at 09:06| Comment(0) | 日記