2019年07月23日

蒸し暑い日は

数年前まだ忙しくなり過ぎていない頃、江戸文化検定の勉強を一生懸命していました。
結果的に最難関の一級に挑戦する前に多忙な日々を送ることになってしまいましたが、これはこれでかなり勉強になりました。
その中で江戸の人の1日の過ごし方が蒸し暑い毎日を過ごすのに何かヒントにならないかとよく想いをめぐらせていました。
江戸の人は朝は日が上がる頃に起きます。
朝は髪結い床に行って髪を整えるのが毎日の日課。その後仕事をし、そのあと銭湯に行く。
そこで人と情報交換したり世間話をしたりして楽しみます。身分によって生活は違ったようですが、町人は裏店と呼ばれる大通りの裏の長屋に所狭しと住んでいたようです。互いに助け合い、井戸は共同俗に言う井戸端会議が毎日行われていました。
夕涼みをして汗が引いてから寝苦しい夏を過ごしました。
今とはもちろん違う環境ですがこういう生活を1週間のうち1度くらい出来れば日常生活にゆとりが生まれると思います。
最近知り合いの鍼灸師の先生がシェアハウスに住んでいる話をしてくれました。
色々ありますが、不完全な人と人の織りなすこの日常社会、こころにゆとりを持って人のことも自分のことも少し許してあげられる、そんな時代が来るといいなと思います。

お茶にはその答えがあります。
posted by torianchado at 18:11| Comment(0) | 日記