2019年08月14日

Tea experience at Torian tea room.

A husband and wife, giving a ballet lesson to our daughter and son,visited our tea room today to have an experience of tea ceremony.

It has already passed the day as a beginning of Autumn.
We welcomed Mr. and Mrs. Suzuki, running a ballet school where our children take lessons, Martin Fredmann giving ballet lessons around the world and well-known pianist Mrs.Fumiko Yamamoto. This is to let them take experience for one of traditional Japanese cultures. Martin has a 35-year career in ballet lesson who is keen to identify a common point between ballet and tea ceremony.
Even a cup of tea makes people tied closely.

Thanks always for all of new beginnings.

ACFEC10E-2539-4A14-8938-CDADB1121461.jpeg

47F72341-DD93-4D21-A855-3FC460454EDA.jpeg

257906A6-649E-4830-957B-5182368F0ED7.jpeg

C0EC9459-B3C9-4616-AB93-D3EE3E1B231B.jpeg



posted by torianchado at 19:26| Comment(0) | 日記

2019年08月10日

新しい試み

今目黒駅のバスの中でブログを書いています。
今日はTMC目黒の定例会に参加してきました。
スピーチの向上を目指す人たちが集う前向きなクラブで毎回人の話を聞きながら
いい言葉、話を論評して互いに高め合うというグループです。
実は人前で話すのが苦手でどうしても小さい声になってしまうそんな悩みがあって探したところここに行き着きました。
互いにすれ違うだけだったかもしれない同じ場所に住む人たちが集う。何が人をそうさせるか、やはりみんな足りないものを求めて同じ場所にやってきます。
足りないものを克服することは人生においてより良い成果を生み出します。
今始めたこのことがこの先どのような身を結ぶのか、とても楽しみです。
posted by torianchado at 20:51| Comment(0) | 日記

2019年08月08日

ヴィゴーレ中目黒佐藤さん

真夏の太陽の光が陽炎のユラユラと揺れるアスファルトの上で眩しく照りつけている。
中目黒には何かと縁がある。

長男がまだ小学校入学前中目黒にある幼児教室に通っていた。勉強もそうだが心の教育に重点を置いていた素晴らしい教室だった。
教室の帰りに近くにあったイタリアンレストランでよく食事をした。オーナーシェフの佐藤さんは都内で長く料理の修行をして独立した方だった。修行の方法は違えど、彼を尊敬していた。
この頃、茶道教室も道半ばで沢山のことを学ぶ必要がある時期だった。『我以外皆師』そんな心構えで多くの人から大切なことを教えてもらった。
やがて友人を連れて食事に行ったりするようになり、そこで色々な人に出会った。
ダイアナの谷口さん、テーブルコーディネーターのクニエダヤスエさん、その義理の娘さんの佐藤富士子さん
他は忘れてしまったがとても良い付き合いをさせてもらった。

ある時佐藤さんから教室を広げていくにはウェブサイトを作った方が良いと提案を受けた。当時は茶道教室でウェブサイトを持っている教室は少なかった。
少し躊躇したものの再三勧めてくれたのでウェブサイトを作ることに。

それが今このウェブサイト。
数年後お店を閉店すると連絡があった、当時次男の誕生、娘の受験などでフェアウェルパーティには参加できなかった。今とうりあん茶道教室があるのは、この時にウェブサイトをつくるよう勧めてくれた佐藤さんのおかげだった。

その後しばらく、中目黒に行く用事がなくなり、忙しかったこともあって彼のことも記憶から遠のいていた。
一度テーブルコーディネーターの佐藤富士子さんから連絡をもらった。その時佐藤さんが修行していた店に戻ったと聞いた。
安心した。いつかお礼を言いに行きたいと思ってまだ行けていない。

昨日、中目黒に行く用事があったのでヴィゴーレの前を車で通ったら店の建物がなくなっていた。

東京に来て数年間の間たくさんのことを学んだ思い出の場所は今は無い。
しかしそので過ごした時間はずっと心の中にある。
posted by torianchado at 13:11| Comment(0) | 日記

2019年08月06日

9月茶事日程

水曜日午前クラス 9月25日10時〜14時
木曜日午前クラス 9月26日10時〜14時

夜クラス 9月26日19時〜22時

土曜日クラス 9月28日10時〜14時

日曜日クラス 9月29日10時〜14時

会費5000円

場所 とうりあん

以上になります。

申し込みは先生まで、稽古の時に声をかけてください。
posted by torianchado at 21:08| Comment(0) | 稽古日日程

2019年08月05日

京都駅前駿河屋さんのこと

今朝も朝から夏の太陽が全開で輝いていました。
今日は稽古日、いつもと同じように稽古を始めた時に宅急便が届いた。
いつも正月初点でお願いしている駿河屋さんからでした。
中に手紙などはない。ただ大量の水ようかんがすのこの上に乗っていた。
どうやら中元の挨拶のようだった。すぐに電話をかけたが留守のようだった。

78506D68-C13F-4985-817A-7762654804E8.jpeg

駿河屋さんとの付き合いは修行時代にお菓子を頼む仕事をしていた時。
困った時によく助けてもらった職人堅気の不器用な人格が好きだった。

裏千家をやめてからしばらく付き合いはなかった。お茶を東京で再起した時に京都に未練が残っていたのだろう、電話をして花びら餅を注文した。
驚いておられたが快く引き受けてくれた。
それから毎年年にたった一回だけだったがお菓子を頼んだ。
自分の親よりすこし若いくらいのお年というのもあり、健康で過ごされているかどうかも確認したかったからだ。
今年教授の資格をもらった。13年かかったが、素晴らしい社中に恵まれ支えられて、過分なほどたくさんの人に大切にしてもらってここまできた。

もちろん導いてくれたのは千宗室家元。

今年も夏実家に帰ることにした。両親が待っている。でも会いたい人が沢山いる。
どれだけ出来るかわからないけど、滞在するうちの1日くらいはお世話になった方に会えればいいなと思います。
posted by torianchado at 18:21| Comment(0) | 日記