2019年08月05日

京都駅前駿河屋さんのこと

今朝も朝から夏の太陽が全開で輝いていました。
今日は稽古日、いつもと同じように稽古を始めた時に宅急便が届いた。
いつも正月初点でお願いしている駿河屋さんからでした。
中に手紙などはない。ただ大量の水ようかんがすのこの上に乗っていた。
どうやら中元の挨拶のようだった。すぐに電話をかけたが留守のようだった。

78506D68-C13F-4985-817A-7762654804E8.jpeg

駿河屋さんとの付き合いは修行時代にお菓子を頼む仕事をしていた時。
困った時によく助けてもらった職人堅気の不器用な人格が好きだった。

裏千家をやめてからしばらく付き合いはなかった。お茶を東京で再起した時に京都に未練が残っていたのだろう、電話をして花びら餅を注文した。
驚いておられたが快く引き受けてくれた。
それから毎年年にたった一回だけだったがお菓子を頼んだ。
自分の親よりすこし若いくらいのお年というのもあり、健康で過ごされているかどうかも確認したかったからだ。
今年教授の資格をもらった。13年かかったが、素晴らしい社中に恵まれ支えられて、過分なほどたくさんの人に大切にしてもらってここまできた。

もちろん導いてくれたのは千宗室家元。

今年も夏実家に帰ることにした。両親が待っている。でも会いたい人が沢山いる。
どれだけ出来るかわからないけど、滞在するうちの1日くらいはお世話になった方に会えればいいなと思います。
posted by torianchado at 18:21| Comment(0) | 日記

9月稽古

ここ最近稽古が個人点前が中心になってますが、年間のスケジュールをある程度決めて稽古をしたいと常々考えています。
ブログでも、教室のホワイトボードでもお知らせしますので、ご協力、ご理解お願いします。

1回目 花月 濃茶付花月 平花月 その他

2回目 奥伝 行の行 大円草


また稽古日とは別に茶事を行います。
日にちはまたアップデートします。

社中の皆さまどうぞよろしくお願いします。
posted by torianchado at 17:56| Comment(0) | 稽古日日程