2020年06月03日

稽古再開

6月になりました。
久しぶりの稽古再開です。

昨日は師匠啄木の稽古も再開して実に2ヶ月振りに同じクラスの仲間と顔を合わせました。
自分の意思とは無関係に強い力で流れが変わることを何度か経験しましたが今回の流行病の蔓延もまさに
同じ流れでした。
久しぶりの炭手前、運び濃茶の稽古が心地良い緊張感をつくり、仲間の話し声、師匠の指導どれをとっても新鮮でした。
お茶の稽古のなんとなく心地よい行き過ぎない距離感、稽古に行くといつも謙虚な自分になれる。自分を低く置いて、他人を思いやる気持ちが湧いてくる。自分が自分でいられるそんな場所が稽古場です。

こんなに素晴らしい世界を1人でも多くの人と共有できればどれだけ素晴らしいだろう。
そうすれば、みんな今より少しだけ、人にやさしくできる。

posted by torianchado at 16:19| Comment(0) | 日記