2020年08月16日

昔のまま

数十年前に歩いた道を歩いてみる。道がつけ変わっていたり建物が変わっていたりする。頭の中で田園風景が残っていると想像していた場所も昔の面影もなく、新しい時間がそこには始まっていた。
住んでいた人も変わりいつのまにか周りに知らない人ばかりになっている。
また、昔の記憶のまま同じ道を歩いているとこんなに遠かっただろうかと驚くこともある。またもう終わりだったかなと子供のころ見えていた景色と今では視線が違っていたことにも驚かされる。

自分も含めて形はどんどん変わっていく自分のままで。
その中にあって変わっていないこと。
お茶で生きていること。

初めてお茶の先生のお宅にお邪魔して、お点前を覚え、初釜に参加し着物を買いどんどんお茶が楽しくなったこと、茶道専門学校へ見学へ行った時のこと。水屋で勉強させてもらったこと。たくさんのことを体験させてもらい尚探求する気持ちは変わらない。
本当にやりたいことを見つけたら幸せに生きられるのだと実感している。

大切なことは変わらないお茶が好きだという気持ちだけ。
posted by torianchado at 18:02| Comment(0) | 日記