2020年09月04日

習慣の違いから理解できること

お茶のお点前をする目的はなんでしょう?
答えはシンプルで美味しいお茶を点ててベストなタイミングでそれを差し上げることですね。
ではベストなタイミングとはどこタイミングを指すのか?
細かくは言えばお菓子を食べたお客様が懐紙を片付け、更に口の中にまだお菓子の甘みが残っている時にお茶を差し上げる。
口の中で甘味と苦味が交わり絶妙なバランスを作り出します。
この感覚は世界共通の感覚だと思っていましたがどうやらそうでもないようです。


昨日はニュージーランド在住でワナカでペンションを経営されている佐々木さんとオンライン稽古。普段は和食の料理教室も開かれている佐々木さんから面白い話を聞きました。

彼女の話によるとニュージーランドの現地の方に和食をお出ししたときに何故か白米を残す方が多かったため、New Zealanderに聞いてみたところ1つの皿にのった料理を食べてから次の料理に手をつけることが習慣的に身についているとのこと。
ですから煮付けや炊き合わせなどの味の濃いものを食べた後に味のない白米を食べるのは味気なく感じてしまうとこのこと。

日本では料理と白米を交互に食べて口の中で味をMIXして食べる感覚が一般的に思われます。抹茶をいただくときお菓子の甘みが口の中にかすかに残ったタイミングで喫するのはとても日本人的な感覚なのだの改めて認識しました。

まだまだ暑い日が続きますが朝晩の風がいくばくか涼しくなりました。
月の綺麗な季節、野分の後秋の到来が楽しみです。


posted by torianchado at 12:21| Comment(0) | 日記