2021年01月24日

茶花教室

雪の予報が全国を駆け巡った土曜日でしたが幸雪は降らずほっとしてします。
23日土曜日に月一の茶花教室を始めました。
今回は8名の方が参加しました。

茶花については決まった型がありません。
自由と言えば自由ですが、自然の姿をいかに茶室の中に取り込むか、
またそれが他の道具と調和しているか、茶味があるかなどです。
茶味のあるというのは難しいですが、要は他のものと並べたりした時にバランスが良く
主張が強すぎないかどうか、ということです。

これを稽古して感覚的に体感していく。
やらないとわからないですね。
できるだけいい花を用意し、目の行き届く範囲です教えることができれば良いと思っています。

5127B387-E189-472B-B8CA-00D8F02D0A1E.jpeg
置花入
0735A297-ED9C-4448-835A-6E5A0BE51019.jpeg
掛花入

75E121FA-0EE1-4848-B432-E175E726BD11.jpeg
藪椿と黒文字

F140C221-98E5-4C2E-9D02-14A749219652.jpeg
白梅と玉の浦

F9E4DEE3-8754-4EB0-B4FE-7DE5E363FDE5.jpeg
白玉と山茱萸


posted by torianchado at 19:08| Comment(0) | 日記

2021年01月17日

塩も色々

緊急事態宣言が再び出てから家にいる時間が増えた方も多いかと思います。
私は、最近、とうりあん茶道教室の可能性をもっと広げていくために
株式会社MBA-Labを主宰されている刈谷裕子先生にアドバイスをいただいています。
茶道は総合文化、総合芸術だと言われます。衣食住に関わることにほぼ、お茶の円は重なり合っているからです。
とはいえ、普段はお茶を教えるのみにとどまっています。
もっと総合的にお茶を軸にした総合文化を発信していくためにさまざまなことを考えています。
人間にとって1番大切なことはと聞かれたらやはり、健康だと思います。
健康とは心身ともに良好でないといえないのです。
心を整えるためにお茶の稽古をして、身体を整えるために運動や食べ物があります。どちらも繋がっていて別でありません。
食、健康、人生すべては一つの和を保っています。
和が完成することを目指せば幸せな人生が待っています。
自他ともに共生していける。それが一番です。

posted by torianchado at 22:12| Comment(0) | 日記

2021年01月10日

初釜2021

2日間に渡りささやかな初釜を行いました。
来年は午前、午後と分けている人数を3グループに分けて時間も1時間以内、各服点でおこないました。

今年も手探りの中、新しい出会い発見、ワクワクする一年にしたいです。


FF27E9EB-0689-4350-B7A7-9EB1F5129622.jpeg
知り合いの方からいただいた伊勢神宮のお正月飾り 嘉門工芸の鏡餅

DBAC34B3-9290-458F-BD17-EFA3015D4F2B.jpeg
松無古今色

3EB91B53-D81C-47B6-BF96-9CC9F926A07D.jpeg
加茂本阿弥椿 蝋梅 御神酒筒の花入

62ECB062-9FD9-4864-A0EF-B5D418085A91.jpeg
長板に盆石飾りと稲わらの鶴亀

3B436208-752E-4662-9E04-3FE32D659B7B.jpeg

DEF9086D-5B2E-4F30-AA37-2F1435D934F6.jpeg
片口の茶碗にて濃茶

73FD2D80-FB8C-4AA4-9316-25FD37C2B258.jpeg
くみ出しに分けて

72B8FC28-3B6B-4B70-9BBA-7ABF3828DFBB.jpeg
主客の問答

036BA8DE-F128-4FDD-BF30-379724DF0637.jpeg
お客様も距離をあけて

504570F1-9493-4B61-A85C-BB33F6676421.jpeg
くじ引きはハズレ無し

2F2CF529-9085-4C7D-8DEA-1262130A9AF6.jpeg
茶碗があせあせ(飛び散る汗)^^

あらためて、人と人との縁のありがたさが沁みた長閑な一日でした。

皆さまありがとうございました。



posted by torianchado at 20:51| Comment(0) | 日記

2021年01月07日

分かち合う

去年の今頃はコロナウイルスの報道がちらほら出始めて、詳細不明で不安が社会に広がり始めたばかりでした。瞬く間に世界を揺るがすことになりました。それまである意味インバウンドブームだったのが人の行き来がなくなり英会話や留学のコマーシャルも減ってきたような気がします。成熟したしゃかいはうまく噛み合わず軋んでらように見えます。先日金沢発祥のカレーの名店"ゴーゴーカレーの経営者の方が面白い取り組みをされていました。今飲食店は時短営業を迫られ、昼営業をしていなかったお店もランチタイム営業をするところが出始めています。そういった店にゴーゴーカレーのルーを買い取ってもらいカレー屋さんのノウハウを教えてお店のメニューとして提供することを提案している報道を観ました。これならば、困ってる店にも、ゴーゴーカレーにも、お客様にも良いいわゆる『三方に良し』の考えにも当てはまるので良いと思いました。

今、何らかの形で、自分も含めて不便、不自由を抱えながら生活してる方がほとんどだと思います。
しかし、いつの時代もどこかで困ってる誰かのために自分のできることで人の気持ちを和ませたり、誰かを助けたりする人が出てくる面白さがあるのも世間です。

室町時代に活躍した世阿弥元清という人は将軍家のお抱えの能楽師でしたが世阿弥の風姿花伝には
『身分の高い人だけでなく一般生活者にもわかるような面白さ』がないと良くないと説いています。
室町時代の庶民の生活も決して楽なものではなかったと思います。そんな中で本来は一部の特権層の相手だけしていれば良かった世阿弥が、たのしみを庶民のみんなにも知らしめたいと思ったことに感動を覚えます。

人は自分が満たされていれば他の周りの人を手伝ってあげたくなるものです。
持っている人が自分の分を少し、しかも宣伝したりせず分け合う。
こういう陰徳を積むことがより良い自分になるために必要ですね。
posted by torianchado at 07:42| Comment(0) | 日記

2021年01月04日

今年の正月

毎年1月後半になると目や鼻がむず痒くなり始める。花粉症の前兆がやってきます。ところがどういう訳か症状が一切出ませんでした。コロナ禍で交通機関がストップしたため大気が汚れてなかったのです。20年ほど花粉症と付き合ってますが、久しぶりの快適な春を満喫できました。とはいえ去年は今までの当たり前がそうではなくなってしまった一年でした。今年もコロナは収まりそうにありません。しばらく付き合っていくしかないでしょう。
お陰で家にいる時間の余裕が生まれので『おせち料理』を全て作ることができました。おせち料理といえば大晦日に母が朝から棒鱈を煮たり、豆を煮たり忙しくしていたのを覚えていますが、いざ作ると新しい発見もたくさんありました。
1823B789-04BD-4AEB-B82B-902074960D50.jpeg

また半年ほど連絡が取れなかったお弟子さんが久しぶりに顔を出してくれました。玄関先で帰るというのを無理に引き留め少しの時間でしたが楽しく話をしました。
8D8319C0-E5B7-45DD-B924-05ABEADCC1E8.jpeg

お土産に地元の珍しい美味しいお菓子をいただきました。
4D077D4F-E8E9-423F-8F84-BEBB1D82EECF.jpeg
『加寿萬喜)というお菓子です。

今年はいつもと違う正月でしたが『日々是好日』いつもどんな時でもいい日に変えるのは自分次第。
泰然とした気持ちで今年も一年挑戦し続けたいです。
posted by torianchado at 00:34| Comment(0) | 日記