2021年09月08日

お茶の味

お茶を習う時、先ずは作法をうまくできるようになるのが目的になると思います。
当然美しい所作を身につけたいという気持ちは誰しもあります。
これは年数と回数を重ねていけばだんだん得心して上手くなっていきます。抹茶は味が強く煎茶のように温度を調整することにはあまり言及しておしえません。
今日煎茶のパッケージに美味しいお茶の淹れ方が書いてあるのをみて思いました。
抹茶の先生なので抹茶の美味しい点て方には4つの要素が必要だと思っています。
簡単なことですが『温度』『お茶の量』『お湯の量』『点て方』です。
温度を調整するのに水を差したり茶筅通しの時に量を増減させたりします。
ほんの少しの工夫でお茶が美味しくなります。

作法をある程度学んだら次はどうしたら美味しいお茶にできるか考えることを始めましょう。

続けてこそ道です。
posted by torianchado at 07:32| Comment(0) | 日記