2015年07月25日

東京工業大学サマープログラム茶道紹介

今年で2回目となる東工大サマープログラムの留学生の皆さんに日本文化の紹介をしました。去年から始まったこのプログラムは廣瀬教授、クロス教授がせっかく日本に来たのだから勉強以外に日本でしか体験できないことを学生さんたちにさせてあげたいという想いで始まりました。去年は着付けをしたり生花の投げ入れをしたりしたのですが今年は茶道、大和未生流生花、細川流盆石と3つを紹介しました。

image.jpg
image.jpg
お菓子の取り方、お茶のいただき方を体験の後抹茶を点てるのに挑戦してもらいました。茶碗を回す意味や、何故音を立てて飲むかも納得した様子でした。

image.jpg
image.jpg
生花の紹介では花の『天地人』についての考え方や不等辺三角形の不完全の美しさに興味津々でした。

image.jpg
image.jpg
盆石は枯山水のミニチュアがもとになっていることや日本独自の文化だという話をしました。
『アメイジング!』という声も聞こえてきました。

もっとたくさん伝えられるように工夫をしたいと思います。短期間でも日本に来て良かった、にほんはいい国だなと思ってもらえるお手伝いをこれからもしていきたいと思います。
お手伝いの皆さん、東工大スタッフの皆さまお疲れ様でした。
image.jpg

タグ:東工大茶道
posted by torianchado at 21:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: