2015年08月15日

帰省

東京のお盆は先月終わっていますが地方のお盆は今日です。ご先祖様が家に帰ってきてしばし滞在され明日の送り火とともにまた帰っていかれる。毎年お盆は関西に帰り親友との時間を楽しみ互いにの成長や希望を語り合うのがいつもです。自分も含めある意味あきらめの悪い仲間が集まり今後について話す。若い時よりスピードは落ちてきましたが、逆に実現できる事が多くなってます。趣味でも1つは生涯通して続けられるものを持ったほうが年を重ねてより豊かな人生を迎えられます。どんな事でも貯金のようなもので費やした時間だけ後で返ってきます。続けることの大切さを改めて痛感します。
今年から始めた生花もその一つで花がお茶と同じく人生を豊かにしてくれるひとつです。その家元がある奈良へ初めて挨拶に伺いました。
花に対しての想い、この先目指していきたい方向、新たに取り組んでいる生花の型の話など話は尽きませんでした。
花が豊かにしてくれる人生の楽しみをまだまだ吸収したい気持ちでいっぱいになった今回の実り多い帰省でした。image.jpg
家元ご夫妻と
posted by torianchado at 21:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: