2016年05月20日

今生きていること

東京に来てから10年が経とうとしています。今は茶道教室を主宰していますが上京した時は、色々な体験をしました。最初三軒茶屋あたりで仕事をしていた時知り合った方がとても良い方で今でも印象に残っています。定年退職された後警備員をされていたのですが家族に病の方がいたり、大変な環境の中とても前向きに生きてる方でした。その後池尻大橋の会社に移って毎年年賀状だけはやりとりしていました。ある年、年賀状が来ないので心配していましたが、1月の終わり頃家族の方から亡くなられた手紙をいただきました。とてもショックを受けました。どちらかと言えば不遇な環境の中で生きておられたのですが、家で勉強している話や今から頑張ろうという気持ちを強く持たれていました。あれから10年、環境は変わりましたが親切にしてくれたその方のことは忘れません。どんな時代でもその時代をつくってきたのは教科書に載るような人物だけではなく時代の流れの中で生き抜いた名も無き人々です。自分の環境の中で精一杯生きてきた多くの人たちのことをいつまでも心に留めて今を生きることが大切です。毎年5月の今頃になるとその方のことを
思い出します。
posted by torianchado at 15:38| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: