2016年12月16日

平常心是道

釜の蓋と蓋置がひっついたり、柄杓を運ぶときにすべって落としたり、お茶をこぼしたり恵子のときに色々なハプニングがあります。そんなときは慌てず落ち着いて対処すれば何事もなかったかのように時間は過ぎて行きます。慌てると周りの人にもその気が伝わってしまいます。これは小さな失敗体験をたくさん積んでおけば日常でもそれほど慌てることはありません。気持ちが没頭してしまうとまわりが見えなくなって思わぬ事故につながります。焦る気持ちも人に伝わるのは態度と表情です。普段から訓練しておけば周りの人にも気づかれたりしません。この心のゆとりを養えるのも茶道の良さだと思います。

posted by torianchado at 11:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: