2017年05月02日

回し飲みのこと

お茶には濃茶と薄茶がある。基本的には濃茶は回し飲み、薄茶は各服点てにていただく。濃茶は戦国時代からの習慣からか一碗をみんなで飲みまわす。同じ器から飲むことで関係性が深まるからだろう。または毒物などが入っていないことを表現するためだっだ。海外では同じようなことはあるのだろうか。
昨日きたお客様から面白い話を聞いた。ビールを飲んで乾杯する時に相手の目を見て(これがとても重要なことらしい)互いのジョッキのビールを移し合うことで関係を確認する習慣があったらしい。
しかし最近ではあまり見かけないという。
習慣は長年の生活の中でその土地の人が生み出した自然な行いである。

時代とともに変化はしていくが全くなくなってしまうのも寂しいものだと感じる。
posted by torianchado at 08:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: