2017年12月01日

修行

今日は友人の正伝庵宗偏流の岩田家元にお誘いいただき、護国寺の高橋箒庵法要の茶会に出かけました。
本格的な冬空の下本堂での法要にも参列し読経が始まる頃寒さが一段と強くなり身体の中心に熱が集まり身が引き締まる気持ちを感じました。
京都修行時代も一年中朝早くから起きて掃除をして一日の始まりを迎えましたが寒いと不思議と雑念がなくなり思考も止まり、内面に集中できるので心を鍛えるにはやはり心地よく感じない環境下で自分と向き合うのが大切だと感じました。
その後お茶席はとても楽しい和やかな席でした。席主に学校時代お世話になった熊倉功夫先生が出てこられ会記の話、動画の説明など深い話を伺いました。
気心の知れた主客のやりとりも楽しく教養の深い2人の話にしばし耳を傾けて時間を忘れてしまいました。
立礼ではお寺の茶道部の若い僧侶の皆さんがお茶を点ててくださり修行の中にも人と和す引き締まった心で良い茶席を設けてくださいました。


短い時間でしたがあらためてお茶を通じて良い時間が持てた一日でした。


posted by torianchado at 16:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: