2018年03月25日

桜の木の下で

今日は春らしい一日だった。桜の花が咲き、たくさんの人が春のひと時を楽しんでいた。今年は冬が厳しかったせいか少し肌寒い気がしたが毎年違う春が来るのはこれもまた楽しいこと。
昨日の夜、花粉症に悩まされ薬局へ。薬がなくなっていたのだが買いに行く時間もなくそのままにしていたらついに具合が悪くなってしまった。
自転車に乗りながら近所の緑道を通り過ぎ、ふと夜空を見上げると月あかりに照らされて夜桜がほのかなピンクががった白い花びらで月を隠していた。
あまりにきれいだったので少し立ち止まってしまった。少庵好みの「夜桜棗」はこの景色を表現したかったのだろうかと考え、もしかしたら黒で表現された桜の花びらは、本当は少し白みがかっていたのではと考えたり。

とにかく寒さから解放された心は良く動く。
posted by torianchado at 22:20| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: