2018年09月04日

街並み

バスに乗って目黒駅に向かう。いつもと同じ車窓からの風景を見ている。気がつけば随分と様変わりしている。ダイエーはAEONになり、オレンジの看板はもう見ることがない。駐車場だったところはスーパーオオゼキになっている、かと思えば碑文谷の警察署は相変わらず古いままでいる。秋になると緑のイチョウの葉が黄色く色づく、その頃はもう寒い。
全てのものが変化していく、違う時間の流れで。その中にあるものが変化していく。
過ぎていく日々の中で自分も変わっている、しかし人の残した思想や教えは守られて続いている。それが教えだと思う。変わりゆく物質の中で目に見えないからこそ変わらないと感じるのかも知れない。
posted by torianchado at 10:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: