2018年12月23日

今年の稽古

明日はクリスマスイブ。日本の12月は冬至にゆず風呂、かぼちゃそしてクリスマス終わるとすぐに年末の掃除、買い物と忙しい。今年も最後の稽古が終わりました。来年はもう1日増やさないといけない参加者の数でした。
良い縁もたくさんもらいました。来年は更に挑戦することがたくさんありそうです。
稽古に通ってくれている社中のみんなには本当に感謝しています。
昨日はようやく念願の巴半田が手に入ったので稽古場で初めて後炭所望の稽古をしました。
やはり師匠のところで稽古する時と違い教えるのは大変難しいです。が、新しく覚える事が増えた喜びもあります。茶道の魅力の一つはは終わりがないほどたくさんの種類の稽古があることです。一つ一つ見ていくとまだ稽古したことがないものや苦手はものもあります。しかしこれらを稽古して、記憶していくことで次はできるようになろうという努力も楽しみの一つです。挑戦して克服していくところに稽古の面白さがあります。
来年も挑戦し続ける稽古場でありたいと思います。

posted by torianchado at 07:07| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: