2019年06月29日

お祝い

今日は5月にいただいた資格のお祝いの会を社中のみなさんにしてもらいました。お店は岩本夫妻のドメニカドーロです。
普段は稽古でしか話さない、みんなともこういう打ち解けた場があると様々な話ができます。
自分のことを振り返ると稽古の時はスイッチが入って沢山話しますが、プライベートになると勝手に夢中で話してしまい後で話したことをよく覚えていない感じです。

確かなことは確実にお茶の心を伝えてそれに呼応する人が集まってきていること。自分が伝える力があるのではなく多分お茶の良さをそのままストレートに話せるようになってきたからだと思います。

人を大切に思い、思われる気持ちは今も昔も変わらないのです。
それを一碗のお茶を差し上げることによって表現するのがお茶です。

我先に急ぐ時代に自分は後でいいと言えるお茶の哲学は素晴らしいと思います。

今日来てくれたみんなも来れなかったみんなもありがとうございます!

とても嬉しかったです!
posted by torianchado at 00:18| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: