2019年06月29日

槿の花と夏の匂い

風炉の季節お茶の代表的な花はムクゲです。京都修行時代1年目の仕事の中で苦労したのは夏の槿取りでした。
事前に近所に咲いている家に麩の焼きを持って挨拶に行き、朝3時半に起きて車で槿を集めに行くのです。
前日に取りに行っても一日花なので萎んでしまうので必ず当日の早朝取りに行きます。兎に角4時半までに花を生ける兄弟子が待つ水屋に持っていかないといけないので必死でした。一度運転免許取り立ての後輩に引き継ぐために同乗した時のこと。運転もおぼつかなく、左右にフラフラする運転、パトカーに止められてしまいました。
事情を聞かれ答えているものの作務衣を着て花を探す怪しい2人にさらに様々質問がとびました。
もう間に合わないと思っていた時後輩が突然槿を定刻までに持っていかないと大目玉をくらうから大変だということを熱弁をふるって警察の方も『頑張って』と言って帰してくれました。
おかげで何とか時間には間に合い事なきを得ました。

我が家の底紅むくげも少しずつ蕾が付いてきました。今年は去年植えた秋海棠も葉っぱが大きくなってきました。
ムクゲのしぼんで行く姿、秋海棠の緑の葉の縁と茎の少し赤いところが虫に喰われ欠けている。そこに自然の美しさを感じずにいられません。
不完全なものは自然で心地良い。

posted by torianchado at 22:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: