2019年07月08日

金曜日の夜稽古

昨日の夜ようやく稽古をスタートしました。月2回の稽古では足りないというWさんからのリクエストで始まりました。前から思っていたのですがなかなかスタート出来ず背中をら教えもらう感じて始まりました。嬉しいのは人生の中でお茶の稽古に月4回習いに来ると価値を見出してくれたことです。
いずれ人数も増えるかもしれませんが少ないのうちは出来る限り知ってること自分が今まで得た知識や教養を伝えたいと思います。
自分のことを考えると裏千家学園で月曜から金曜までの授業の後、土曜日は師匠のところで稽古を朝から夕方までずっと過ごし、日曜日に茶会や茶事があれば全て参加させていただき学びました。
師匠の言うこと一言一言をメモを取りノートに書き留めて自分のものにしたいと努力しました。
兎に角なんでも真似をしてみました。しかし人格の深みや人生経験に裏打ちされた言葉は真似することができませんでした。当時はどちらかというと少し自信が無い自分だったのでそんな性格も変われればと思い茶道に打ち込んでいました。
よく人は簡単には変わらないと言いますが師匠は『心のくせはお茶で変えられるから心配しなくてもいい』と励ましてくれました。
そして今は自分を信じてしっかりやるべきことができるようになって来ました。

全てはお茶のおかげです。

posted by torianchado at 22:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: