2019年12月03日

生き様

昨日お世話になった方のご主人が亡くなったと家族の方から連絡がありました。
晩年は認知症を患いお目にかかったことも覚えておられない様子でしたが、
医者であった先生がいつから自分がいなくなった後のことを考えていたのかわかりませんが
遺言には葬儀のこと、自身を献体に出すこと、お墓や戒名のことまで事細かに書いておられたと聞きました。
改めて自身の生と死を冷静に見つめておられたのが分かり襟を正しました。

二度とない人生をせめて意味のあるものにしていきたいです…後悔のないように。
posted by torianchado at 18:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: