2019年12月23日

トーストマスターズスピーチ

土曜日に月2回スピーチの練習のためにトーストマスターズクラブの活動に参加しています。
最初は自己紹介から始まり、プログラムに沿って話す目的、内容を考えて話すことで人前で話す練習をしましょうという趣旨です。先日2回目のスピーチで所定の時間はクリアしましたが、内容と後2分ほど余った時間をもう少し活用しようとアドバイスをもらいました。ベテランの方に論評をいただきましたが新しい刺激とともに話すことの難しさを改めて思い知らされました。
1番大きなアドバイスはTALKと SPEECHは違う!という点でした。人前で話すことはありますが、スピーチという観点で話したことはありませんでした。大きな違いは何か?
それはスピーチには聴いてる相手に訴えかける何かがあることで、そのことを聞いている相手のために、聴いた人が何か考えを持って帰れる、そんな内容を考えて話すということでした。
お茶で誰かのためにお茶を点てますが、言葉で人に有益な情報をもたらすのは心底難しいと思いました。
アドバイスいただいた杉本さんというベテランの方は、気持ちを誰かに訴えかけることを意識して話すことは最初とても難しいがそれでも考えて話してみることだとおっしゃってました。

今後お茶会などで席主をつとめることもあると思いますが、自分がどう変化していくのか楽しみです。


posted by torianchado at 08:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: