2022年02月08日

一座建立

茶道の楽しさはなんと言っても、主客の会話の弾む楽しさである。
道具、歳時記、時事にまつわるトピックなど、さまざまに及ぶ。
いつもアンテナを張っている情報もアップデートされてお茶席での会話にミックスされて良い具合いに
バランスが取れる。
茶会はライブ、その時その瞬間を楽しまないともったいないと思う。

いつも、お客様と何を話そうか、この話は知っているだろうか?
稽古はどれくらいされているのだろうなど想いを巡らせながら楽しむ茶道は
本当に人生を豊かにしてくれる。
先人たちが守ってきた知恵と今に生きる自分が融合する感覚が楽しいから
お茶を続けている。

人は何も目新しいものばかり欲してるわけではない。
コロナ禍で原点回帰に向かっている感もある。

温故知新こそ今大切だと思う。
posted by torianchado at 17:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: