2012年01月07日

七福神由来@

正月早々七福神巡りを始め無事隅田川七福神をお詣りして回ったけど、歩いて並んでお詣りしてご朱印をもらってという行為を繰り返しただけに思える。どういう神様で由来は?ご利益は?考えてなかったので来年の七福神巡りにそなえて調べてみることに。

お詣りした順に

@恵比須さま
もとは兵庫県西宮神社の祭神蛭子命(ひるこのみこと)日本神話でイザナギ、イザナミの神様が最初に生まれた子供。
恵比寿、戎、夷、蛭子とも書きます。関西では西宮夷さんと親しまれている。
海上・漁業の神、または商売繁盛の神として信仰される。
えびすのつくことわざをいくつかご紹介。

・えびす顔ーニコニコした顔つき
・えびす銀ー入漁料
・えびす柱ー民家で大黒柱と並んで重要な柱
・えびす膳ーお膳の側面を人の面前にむけて吸えること
そういえば京都にいるとき、えびす神社にお詣りするとき
本殿の横からお詣りしてました。えびすさまは目が不自由だから耳の方で
お詣りして来たことを知らせるときいた。
えびす舞ー豊漁をいのる神事舞

なるほど、我々にとっては商売繁盛の神様ということか。

A大黒天さま
密教の自在天の化身で仏教の守護神。戦闘神、憤怒神、後に厨房神とされる。何だか荒々しい神の登場ふらふら
日本の大国主命(おおくにぬしのみこと)と習合して民間信仰に浸透。どちらかといえばこちらのイメージの方が日本的かなわーい(嬉しい顔)
台所の神様ということか。

大黒さまにちなんだことわざ

大黒柱ー家の中央にあって最初に建てる柱
大黒鼠ー白ネズミのこと。大黒さまの使いとされた。
大黒さま俵の上にのってるね。米とネズミはやはり
深い関わりがあるね。

次は布袋さまと弁天さまについて書きます。
posted by torianchado at 07:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: