2013年02月28日

上野広小路亭

今日は初めて講談を聴きに上野広小路にある広小路亭に行きました。講談、落語は江戸時代後期から庶民の楽しみとしてひろがったようです。全く何もわからずに、足を踏み入れましたがとても面白いものでした。話も昔話にある一人でトンネルを掘った良海和尚の話から金子みすず、唐人お吉まで新旧合わせて楽しめました。中でも話に引き込まれたのは、一龍斎春水さんという女性の講談師さんの『金子みすず』のお話でした。この方人気があるようでもともとはアニメの声優さんだったそうです。春水さんの話で金子みすずの生い立ちについて一気に頭にはいってきました。話し力っていうのでしょうか、話にどんどん引きつけられていきました。まだまだ演目も沢山あり新作も多いので、また時間を見つけて足繁く通いたいと思います。知らない世界へ足を踏み入れるのは勇気が入りますが一歩入ってみるととても素晴らしい世界に出会えます。
posted by torianchado at 16:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: