2013年04月11日

お茶会の取り合わせ

4月21日駒込六義園で社中の茶会をします。茶会はやはり春と秋の気候のいい時期に行います。茶会に使うものを考える時はまず季節感を考えます。実は前々から使いたい掛軸があったのですがなかなか使う時期が難しく今回も別のものを使うようになりました。桜の盛りを過ぎたあたりに合うのですが、今年はサクラが急に開花してしまい4月ですが早くも新緑のイメージになっています。お菓子は何とか時期にあったものをお願いできますが花など特に季節感を表現するものは季節や気候に合わせて考えます。炉の時期は椿がメインになりますが、街ではハナミズキや山吹も咲いています。茶道具の良し悪しもありますが自分にとってはお菓子、お茶など人間の五感で味わうものは特に大切だと思います。花もその時期に咲くみんなが心和むような花を探しています。今年も沢山の方がお茶会に来てくださいます。夫婦で茶道教室をはじめたのは、日本文化の代表である茶道のファンを増やしたいという思いからです。お茶会を毎年楽しみにきてくれる方、初めてお茶を体験する方いずれの方にも喜んでいただけるお茶会わ、いつも目指しています。
posted by torianchado at 18:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: