2013年06月04日

再会

携帯電話をポケットに入れたままでいると勝手に誰かに電話をかけてしまって後で相手から着信があったと電話をもらうことがあります。今日車を洗っている時に電話がかかってきたので出てみると京都修行時代にお世話になった兄弟子からで、突然の電話に驚いているとこちらが電話をかけていたようでした。京都を離れて8年目になりますが前の職場の方に連絡をとったことは一度もありませんでした。この兄弟子は自分が京都を離れる時最後に電話で話した方で最後まで自分が辞める事を残念がってくれた人でした。後数十年経ったら是非、出稽古できてもらいたいと気持ちをあたためていました。東京へ住んで京都時代の事を思い出す事も少なくなってきましたがたまたま電話してしまった相手がこの兄弟子で良かったと思います。遠くない将来再会出来るのが楽しみです。またこれは何かのタイミングだと確信しています。
posted by torianchado at 18:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: