2013年11月19日

取材を受けて

数カ月前にプレジデントファミリーの取材を受けました。今日発売の一月号に掲載していただきました。今回は子供向けの教室についてでした。子供の教室に特化してるのは茶道をただ単なる習い事としてというよりも日本の昔からあるしきたりや行事を子供の頃から馴染んで知って欲しいと思い始めました。私が大学生の頃から日本人としての知っておくべき文化が失われていると云われ続けていましたが、ある意味時代の大きな流れの中での変調を繰り返しているという印象を以前から持っていました。何かの本で読んだのですが社会の中で生きていくために大切なことは『天の理、地の理、人の理』を読むことが必要です。今オリンピック開催地決定、それ以外の色々な要素で日本に目が向いているのを肌で感じています。この流れの中で出来るだけ沢山の方にお茶を伝えられればいいと思っています。そして子供教室では英語も取り入れ最終的には英語でお茶の紹介をみんなで出来たら良いと思っています。成人になって社会に出たときに間違いなくプラスになります。
1人でも多くの方に今後とも茶道を伝えていければありがたいです。
posted by torianchado at 18:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: