2023年09月15日

幸せへの道標


点前は水屋で準備する時から片付けをし終える時までが点前です。


客の前で、または稽古で茶道口でおじぎをする前に調心調息してから点前に臨む。


準備に余念がないようにしておくことはどんな行動にも共通すること。


その作法の内容はもちろん使う道具、場所もしっかり理解していることが肝心です。


裏を見せ 表も見せて 散る紅葉


内面、外見両面磨いていきたいものです。

posted by torianchado at 21:55| Comment(0) | 日記

2023年09月09日

花の蕾のこと



朝、稽古の支度に庭の木槿を用意する。

木の姿をよくみて1番力のある一輪を選ぶ。

数回に一回少し先に蕾のついている枝があり

最初の一輪先終えた後に花が咲く。

この二輪目の花が奥ゆかして風情があっていい。

控え目で一輪目が咲いた後でゆっくり花開く。主張しない。秋の他の花とも調和し奥ゆかしい。


稽古は自分と向き合う大切な時間静かで居心地良く調和されて眠気を誘うくらいが良い。


つぼみ時間をかけてゆっくり開く。

この時間の流れこそお茶で人生を高める時間の流れ。こころ静かに目に見えないモノを感じよう。




posted by torianchado at 22:02| Comment(0) | 日記

2023年09月04日

有限の命


葉隠は江戸時代に佐賀鍋島藩の山本常朝によって書かれた武士の心得を書き記したものです。


草木の葉のかげに隠れて己を誇らず、慎み深く、自身を客観視する生き方が記されています。


忘れてはいけないのは命は有限なこと。

迷っても、外れても一つの道を続ける

ことを忘れずに今日も歩み続けることだけが自分に一番の道だと思います。


一つだけにすれば全てシンプルになります。

自分に必要ないコトは捨てましょう。


必ず見えなかったことが見えてきます。


それが自分のやりたかったこと。


自分が一番の理解者。

posted by torianchado at 21:08| Comment(0) | 日記

2023年08月29日

一つに決める

茶道を教える、これが夢でした。
教室を開いてお弟子さんが来て
稽古をして帰っていく。

非日常の中に身を置き
日常の煩雑さを
忘れる。

自分の夢は叶いました。
これからすること。
500年間続いている茶道の目指す
調和の世界を自分で体感して証明していくことです。
色々なことに挑戦するのも良いけど
今は一つでいいかな。それがお茶。
posted by torianchado at 06:56| Comment(0) | 日記

2023年08月21日

茶の道


茶の道は辿るにひろき

武蔵野の

月の住むなる

奥ぞゆかしき


茶道の根底には禅の教えがその上には儒教的な道徳が脈々流れています。

地層のように重なっている茶道の教えは

掘り進めていくと新しい発見があり、底が深く

奥ゆかしいものです。


守破離が示すように守るところから破るところへ進んだ先にある何かに気づくことは公案を

解くことと同じです。


自身の体験に基づく答え、インターネットで得れない答えを探すことこそ今の時代に必要なことではないでしょうか。

posted by torianchado at 09:45| Comment(0) | 日記