2020年08月08日

夏の灰つくり

長い梅雨が明けてようやく夏が始まりましたが、暦の上では昨日が立秋で今日から秋の始まりというなんとも不思議な今年の夏。そういえば太陰暦では12月に立春が来ることもあったそうなので、昔の人ならさほど驚かないことかもしれません。

昨日から炉の灰を天日干しし始めました。
去年の今頃、灰を一番細かい篩でふるってゴミや炭のを取り除いたので灰はシルクの布に触れているような柔らかい手触り。
人によって灰の手入れの仕方は違いますが、先ずはふるってから少し干して涼しいところに保管しておきます。
毎年繰り返していると黄色がかった色へ少しずつ変化していきます。
7E2AD6E3-51A8-40A0-900A-CB5AFEDD5910.jpeg

97C17F04-1363-4576-8346-4197AFDFC610.jpeg


さて湿し灰ですが、自分はしばらく水につけてアク抜きをする様にしています。
炭手前で灰を撒く時に匙からうまく滑り落ちてくれるように灰がサラサラの状態の方が具合がいいように思うからです。
2F2D2A20-345E-4911-9CF6-EE55C39BDD38.jpeg


後は水屋修行時代に毎年行なっていたように、京番茶と丁子を薬缶に入れて少し煮詰めたものを
灰にかけ熱々のうちに手で灰になじませ、しばらくしたら天日で乾かして乾いてきたらまたかける。
そして半乾きからもう少し乾いてくるくらいを見計って荒目の篩で手で潰すようにふるっていきます。
目を通った灰は目の大きさくらいになって出てきます。

出来上がったら、そのまま甕に入れ乾かないように蓋をして日陰に置いておきます。

灰作りは夏の一番暑いとき大体行なっています。
夏の間は家元の行事も直門稽古も休みで時間が取れるからこの時期にしていました…
7月は精中円能無限忌があったり、八坂神社の献茶式があったり忙しく、9月も献茶式や直門稽古が再開してしまうので8月に灰作りをしていました。


思い返せば忙しい毎日だった。懐かしい夏の思い出です。
251725D1-1A48-4482-B128-41ED984380F6.jpeg



posted by torianchado at 16:00| Comment(0) | 日記

2020年08月05日

仕覆

お茶の道具の中で仕覆は脇役です。しかしその裂地の文様の種類の多さに惹かれて沢山文様の本を買って勉強しました。裏千家学園在学中にお世話になった佐々木先生に鈴木時代裂研究所http://sjk-kyoto.com/kobukusa_meibutugire_katuragigire/へ連れて行ってもらい、裂地の織り方、種類なども教えていただきました。
数ヶ月、前盟友の星霜軒、松浦先生から縫師の坪内さんを紹介してもらいました。
稽古で長く使っていた仕覆が破れてしまい困っていたところ快く引き受けてもらいました。

一昨日仕覆が仕上がったと連絡を受け、無事に我が家へ。

72B1FAA1-481B-4581-81E0-15FDB187E0C6.jpeg
こちらの龍紋牡丹唐草緞子はうちで一番古い茶入に^ ^


D7560E13-AECF-4ECB-9309-B01C8C11DA40.jpeg
最近手に入れた小鹿田焼の茶入に。亀甲花鳥紋金襴 

49BEBB6F-B5F1-4362-8F7E-5AFF1D9654BE.jpeg
これから活躍してもらいます。稽古日まで水屋の棚で待機

素晴らしい出逢いに感謝です。
posted by torianchado at 08:43| Comment(0) | 日記

2020年08月03日

J-CATインタビュー

去年の年末から一緒に仕事をしているJCATの飯倉さん(日本文化に携わる講師の方、文化を発信したい人のためのマッチングサイトを運営されています)に数ヶ月前にインタビューを受けました。昨日ドラフトが送られてきたので改めて、この3年ほど実践してきたことの振り返りができました。

和敬清寂は言うまでもなくお茶の教えの根幹です。和敬は他人に対して、和み、敬う心で生きる道、清寂は自分の内面に対して心が曇らないように、また動揺しない心を作ることに努めることを教えています。

外に出れば自分とは違う考え、国、性別など様々な人と接します。本来似た考えの人がいても一人一人は違う考えでいいのです。肝心なのは他者を排除、否定することなく、認めると言うことです。同意をしなくても相手の考えや思いを聞いて、受け入れるのは難しいかも知れない。けど認める。
AIRbnbの体験ホストや企業様のグローバル人事の方との研修も終始一貫してこの事を大切にしてきました。
ずっと、人の存在の尊さに上下はないと信じています。
これは海外の方とも何度も何度も共感してきたことです。
人を蔑んだり、受け入れないのは自信がなく、自分の下に誰かを置かないと不安で仕方ないからです。
誰にあっても敬う気持ちを忘れなければ、今の時代ももう少し生きやすくなります。

不満にストレスを募らせて誰かを標的にするよりも、今日はどんないいことが起こるだろうと信じて過ごす方が人生は楽しく豊かなものになります。

数年間閉塞感のある時代が続くかも知れません。
しかし見えない未来に不安を感じるより、見えてる目の前のことを精一杯やる方が幸せではないでしょうか。
頭の中で想像した不安は空想でしかありません。

何年か後の明るい未来に希望を持ってお茶に精進したいです。

C6ED419A-E58F-49A5-999C-366406A3D432.jpeg
玉すだれ

B4B94A95-6F0E-424D-947C-F1EF0B7E80E7.jpeg
朝顔に呼び鈴押さずにドアノックしてしまいました。




posted by torianchado at 19:19| Comment(0) | 日記

2020年07月21日

盆石のこと

玄々斎時代の伝書の中に盆石の真行草を茶席の中で飾る時の心得事が書かれている。
古くは桃山時代以前から知識人の間で嗜まれ、利休時代の盆景の仕方が細川流盆石の教本に今も伝わる。


先日、社中の方から盆石の道具一式を譲ってもらいました。内容から察すると盆石の先生が持っておられたものだということがわかるものでした。

コロナの後から教室は閉まっていて、しばらく稽古をする機会も無くなってしまいましたが、今日はようやく稽古をすることができました。

直感ですが、いただいた時に道具を持っていた人の想いが伝わってきました。
道具を愛用する人がいて生きてきます。
しばらく稽古がなく、気持ちが緩んでいたことも否めないのですが、盆石の稽古を重ねて師範となって
まだ盆石の世界を知らない人に素晴らしさを伝えていきたいです。

昔の茶人は盆石、生花、料理、その他も嗜んでいただろうと思っています。

また茶会ができるようになったら床の間に飾ってお客様に喜んでもらいたいです。









posted by torianchado at 16:03| Comment(0) | 日記

2020年07月20日

これからの時代

少し早いですが、今日で今月の稽古は終わりました。夏は濃茶の名水点又は釣瓶の水指を使った稽古、
葉蓋、洗い茶巾など清涼感のある稽古を行いました。

お茶の楽しみは、普段の稽古で季節感、歳時記です。毎年同じ時期に使う道具を使ってお菓子を食べてゆっくり流れる時間をお茶を喫しながら日常から離れる。

今その日常が大きく変化しています。今年の始めまでオリンピックゲームがあと数日で開会される予定でした。

夜になると家の近くの商店街もひっそりしています。

人との距離も今まで以上に気をつけなければならなくなりました。

この先はまだ見通しが立たないことも多いです。

自分としては近道せず、今の状況は必ずしも底があって好転する時が来ると確信して、正当な道を歩んでいくこと。それによって時が来れば更なる茶道の拡がりがあると信じています。

歴史を振り返って見ても安定しない世相の時こそ、文化に触れることが必要です。
文化や芸術は非日常の世界に導いてくれます。

目先のとらわれず一時的な刹那的な物事に心を奪われず、必要なことを知恵をしぼり、工夫して乗り切ります。
その先は必ず輝くものが待っています。

E7523A92-E0C6-4361-9CE4-4965417A2EDD.jpeg
タケノとオハギ 社中の方からいただきました。

8A2C1952-62D5-40EE-841E-5735CDDC5909.jpeg
水牡丹 香雲堂さんから取り寄せさせてもらいました。
posted by torianchado at 22:42| Comment(0) | 日記