2019年05月22日

明日は京都に

明後日13年ぶりに今日庵に足を運ぶことになりました。今月2回目の五島美術館。社中の美奈さんが、お茶を知らない新しい友達にお茶を紹介する機会を作ってくれました。
27歳の時茶道を始めて、学校で学び、素晴らしい出会いがあり、宗匠の下で学ぶ機会をいただき、その後東京へ来てから13年の月日が流れました。去年、一昨年と宗匠からお声がかかり再びお目にかかることができました。
宗匠のもとをやめさせてもらってからずっと埋めることのできない隙間、突き刺さったままの何か疼きのようなものは少しずつ埋まり、溶けていきました。その間ずっと支え続けてくれた茶道を共に一生の生きがいとして歩んでいる家内に心から感謝しています。
そして明日、二度とくぐることはないと思っていた兜門を再び通ることになりました。
表現しがたい気持ちですが、直弟子から一茶道教授になり、宗匠がどれだけ遠い存在かを身をもって理解できました。と同時にようやく兜門までたどり着き、今度はとうりあん茶道教室のお茶を好きでいてくれるみんなと共に兜門をくぐり資格を拝受してきます。
東籬庵は陶淵明の漢詩からとった名前ですが、東は京都から見ると東の東京に移り、籬は『リ』の音は離れると一緒の音、『籬』まがきと読むこの字の垣根という意味と教室のある柿の木坂の地名をかけて考えたものです。

夢見心地のままでは道はつかめませんでした。信じた道を諦めずに続けたことが明日につながりました。
明日は胸を張って行ってきます。

posted by torianchado at 18:56| Comment(0) | 日記

2019年05月20日

恥を捨て人にもの問い習うべし

お茶は一生かけて続けていく修行です。年数を重ねて慣れてくるとだんだん初心を忘れて何のために続けてきたのか、分からなくなりいたずらに時間を費やすこともあるかと思います。歳を重ねるごとに考え方の癖が出来ます。それはその人が生きてきて得た、自分がどう振る舞い行動するかのパターンです。しかし少なからずもう少し良くなりたい、自分に変化をつけたいと思う人もいるのではないでしょうか。
京都専門学校時代に道話の授業で当時家元であった鵬雲斎宗匠はよくお茶の稽古のことを『恥かき道場』と言っておられました。皆さん稽古には失敗しないように事前に予習をして完璧な点前をしようと稽古に臨みますが、全てパーフェクトにいくことは稀だと思います。けれど、失敗から学べることは多く失敗しないとわからないこともあります。変化や失敗を恐れず、堂々と恥をかけば良いです。
人生自体がその体験を通して豊かになっていくのですから。
posted by torianchado at 05:00| Comment(0) | 日記

2019年05月18日

才能と技術

今日はプレゼンをする活動を行なっている団体の見学会に参加しました。
コンセプトは失敗をする練習をして高めていこうという内容が含まれているものでした。みんなでプレゼンをして批評をしてネガティヴな言葉を使わず改善して前向きにみんなで良くなっていこうという内容でとても建設的な話を聞くことができました。気づいたことは話が下手なのではなく機会が少ないから慣れてないだから練習しようというものでした。才能よりも体験を積むほうが人前で話すのに必要なことだと実感しました。

いい一日になりました。
posted by torianchado at 23:45| Comment(0) | 日記

2019年05月16日

穴埋め人事の話@イグナチオ教会

先週の火曜日久しぶりに夕方のミサに行きました。主任司祭の英神父さまがミサのしさいでした。この関西弁の神父さまは物腰柔らかく、現代社会と聖書の内容を繋げて話されるので静かな聖堂にいつも笑いが漏れます。

今回は聖マチスの話でした。ユダがイエス様を裏切りその後、死を選んだ後12使徒が1人足りなくなりもう1人選ぶことになったのですが、なんと!クジで決めたそうです。現代なら人事をクジで決めるようなことをすると大騒ぎになるでしょうが、歴史書にはそのように書いてあるそうです。
人の人生はわからないものですね。

因みに日本にキリスト教を伝えたフランシスコザビエルも船に乗る予定だった司祭が病気にかかってしまい、代理で布教に来ることになったそうです。

しかしあの時代故郷を離れ生きて帰れないかもしれない異国への布教を果敢に行なった聖フランシスコザビエルの熱意には感動を覚えます。
posted by torianchado at 17:12| Comment(0) | 日記

2019年05月14日

茶会写真

B656FD15-3576-4D36-9E6A-91763696AB18.jpeg
待合

318D0875-B7C0-4FC4-9340-E76E37DEC4F9.jpeg
本席

E58631D3-7EBE-43F2-94B4-328C90A90096.jpeg
香合

1C06CD34-9339-417A-8758-C206DC5EA3D5.jpeg
点前座

F0EA59D8-FDF0-4A8C-A420-F4D693F6AD0A.jpeg
富士見亭

58CF4F54-D0DC-432B-93FE-EB116B12BC79.jpeg
富士見亭

281CD245-1DB2-47BE-ABB6-B77D9C1BFC70.jpeg
生け花大和未生流
posted by torianchado at 00:18| Comment(0) | 日記