2019年10月30日

Airbnb 茶道体験

2年前の11月AIRbnbの体験ホストを始め、今年で丸2年になります。
700名近い海外からの新しい友人たちを自宅に招きました。

いつもは宗愛先生が説明をして宗英が駅からの案内と点前をするのですが、今回たまたま宗愛先生が不在のため急遽宗英が駅からの案内と説明をすることになりました。手伝いは宗貴さんにお願いしました。

土曜日にトーストマスターズの自己紹介で時間が規定時間より短くなってしまい評価の対象から外れてしまったので、そのリベンジのつもりでゆっくり余裕を持って行うことが出来ました。

D96A3A71-8CB6-4E05-B6CD-C8CBB4EA4730.jpeg637B7F86-28B2-455F-B268-8A1B4D913056.jpeg

14D92435-6A62-4DB2-89A4-17CF7484D9F5.jpeg

637B7F86-28B2-455F-B268-8A1B4D913056.jpeg

DA772F28-22DD-49D5-B59E-D6983850AA28.jpeg

今回は初めてにもかかわらず落ち着いてホストができました。

これを機会に自分の言葉で茶道紹介していきます。

posted by torianchado at 19:00| Comment(0) | 日記

2019年10月27日

学び

昨日は8月に入会したトーストマスターズクラブでのはじめてのスピーチでした。準備スピーチなので4分から6分のスピーチでしたが、時間が足りず評価対象外に。準備スピーチの時間を6時間くらいにしたらちょうどいいとアドバイスをいただきとりあえずほっとして終了。

その後ベテランのSさんのスピーチを聞いて学ぶことがたくさんありました。

もともとトーストマスターズクラブに入ったのは人前で話すと、緊張で声が小さくなりあがってしまう。そんな弱点を克服するためでした。
まだ日が浅いですが気づきがいくつかありました。
1つはほとんどの人が人前で話すのが苦手ということでした。だからクラブに入って練習しているのです。練習だから失敗はいいわけです。これで気持ちが少し楽になりました。

もう一つは人にたくさんの人に見られているということで緊張してしまいますが、それを回避するテクニックがあり、いくつかを使えば場の雰囲気を和ますことができると言うことです。

とにかく不安要素に対する考え方を取り除いてあとは慣れていくだけです。

11月の企業研修、12月のお茶会機会はたくさんあります。たくさん失敗して多くのことを学びたいです。
posted by torianchado at 09:08| Comment(0) | 日記

2019年10月25日

稽古

稽古の時、道具を扱う手はきれいに揃っている。
手は意識しないとバラバラに離れているし、姿勢も知らず知らずのうちに背中が丸くなりがちです。
日常と違う姿勢や動きをするから点前はきれいに見えるのです。

それを訓練し先生に直してもらうのが稽古です。

そういう細部にまで心を通わすのがお茶の稽古をしている意味の一つです。

自分を律するための時間は続いていくとやがて自分のものになります。


7A8F6AC5-D29D-49B8-948E-1CC0FEE28C59.jpeg

DBDC64A2-526B-49F1-8ED2-A2BE152A44A1.jpeg

ADA3DDA7-2090-4569-A262-A183AFEDBBDF.jpeg

FDEB270C-861C-45D6-83D9-B31205CF43F4.jpeg

posted by torianchado at 22:55| Comment(0) | 日記

2019年10月21日

お茶会@五島美術館

昨日は茶友である星霜軒の吉森宗浩、宗光夫妻主催のお茶席にお邪魔しました。
時間の都合で本席に入らせていただきその後失礼しましたが、
心に残る素敵なお茶席でした。
自分でも気づきがたくさんあったのですが、とにかく席主ご夫妻は勤勉です。
道具、茶会そのものにも物語があり、笑いあり、感動ありの心が喜ぶお茶席にでした。
席主の気持ち一つでお茶会は良い雰囲気を作り出せると思いました。毎回、先生ご夫妻をはじめ社中の皆さんも和やかで気配りができていて本当に楽しく、梅花亭井上さんの作るお菓子は毎回どんな工夫がされているか楽しみです。
お茶は席主の心が反映されるのでいつも稽古で自分を磨き茶会に備えて鍛錬しておくことが大切だと思いました。学びの多い一日でした。
出来るだけ一期一会を大切にしたいので写真等は撮らないで心に残したコトだけを
胸にしまっておきたいです。


83C31621-7A42-4732-820F-E690754B3762.jpeg

22604DAE-EBAA-4C67-BDA3-4534795F3468.jpeg

534546A4-5695-4119-BDE3-3EF6F2FCE330.jpeg
posted by torianchado at 18:25| Comment(0) | 日記

2019年10月15日

洲浜のお菓子

京都にあったお気に入りの洲浜屋さんがお店をやめられると聞きたのは今年に入ってからでした。社中の良江さんから聞いてかなり残念な気持ちでした。
植村義次さんは創業360年の歴史を持つお店だったのです。洲浜は和菓子の中でも上位に入るお気に入りの逸品でした。
しかし、伝統の味が途絶えてしまうのが惜しいと、若い方が味を引き継いで伝統を守ったと聞いて嬉しくなりました。
良江さんから、早速京都土産にいただいた味は懐かしい甘い思い出の味のままでした。

033B1A64-5E88-488C-8B79-31577141655E.jpeg

781823F6-7E23-4FF0-A698-8641F3203952.jpeg
posted by torianchado at 22:12| Comment(0) | 日記