2022年01月11日

前進

お茶とは別の話ですが、30年以上好きなアーティストがいてその生き方にいつも刺激をもらっています。
茶会、茶事はライブのようなものでその場で時間を共に過ごしたその場限りのものである方が望ましいと思います。
18歳の頃、ミュージシャン甲本ヒロトさんの音楽に出会って衝撃を受けました。
音楽もそうですが『今を生きること』『自分の人生を生きる』
当時今よりもっと、出来上がっていない未熟な心に大きな影響を与えてくれました。
一貫してるのは常に前進、過去のヒット曲はグループを解散して新しい活動をした後は一切演奏しないことです。
過去にしがみつかない生き方に感銘を受け自分もそうありたいといつも思っています。
『過去に何をしてきたではなく、今何をしているか』その方が大切です。

常に面白いこと、楽しいことを見つけてこれからも前進していきます。
茶会も一期一会のライブのようなものです。
一回一回を力一杯させてもらえる幸せをお茶を通じて教えもらえました。

posted by torianchado at 08:41| Comment(0) | 日記

2021年12月26日

茶事の楽しみ

忙中閑あり。
年末稽古も終わりました。自分のためにお茶を楽しむことを去年から始めました。
裏千家学園に在学中茶事の亭主を一度だけ体験します。
道具組、先生への前礼、後礼、お菓子の注文から事務所の先生、桐蔭席の管理人の方への挨拶など
茶事をするのにこんな大変なものなのかと思いました。
今自分で茶事をするようになって道具は自分のもの、お世話になる周りの先生や管理人さんへのご挨拶は必要がないので随分楽にはなりました。それでも、道具を全て準備するのはなかなか骨の折れることです。
自分はあまりテーマを決めた茶事をしません。季節、年間の流れという感じでざっくりと取り合わせもします。
頭の中で12月から1月、2月くらいまでの話をなんとなく意識しながら、取り合わせる道具にその時期の話を織り交ぜます。終わったらなんの話かよくわからない…ようなことになってしまいますが…
茶道教室を開いているとはいえ、ほとんど点前を教えることが中心です。しかし稽古は茶事を楽しむための稽古
という前提ではじめています(近年は設備等で難しい面もあります)。
ので先生といえど茶事もやはり自身の経験と教え慣れる経験が必要です。
現在wabunkaというサイトで茶事の体験をする様になり月に5回から6回茶事の一部を来てくれた方に提供しています。
そうすると否が応でも茶事の流れなどは身に付いてきます。
本は手本にはなりますが、その通り行かないのが本番です。
大切なことは本に合わせることではなく、予測しないことが起こった時にどう対応したか。これが自身の経験値になり
茶人としてのキャリアを積んでいくことになります。
茶道教室を始めて15年。ようやくお茶の楽しみの入口が見えてきました。
とても学びがいのある道です。


posted by torianchado at 11:22| Comment(0) | 日記

2021年12月17日

一瞬のこと


師走になると気忙しくなり、秋の夕暮れが恋しくなり、また春の葉の花畑に吹き抜ける東風よりも暖かい風に想いを馳せる。今の瞬間に無いものに対して敬慕の念を抱くのはいつの時代も変わらない。花も季節があり、その時一瞬でしか愛でることができない花だからありがたい。特に同じ地球上の生き物で片方は二酸化炭素を出しもう一方は酸素を作る。
人の一生は花の一生よりも長くその生涯で何度も花の一生を目にすることができる。
花にも種類があり同じ木の中でも早咲き遅咲き、または咲かないまま蕾を落としてしまう花もいる。人はこれを自分の人生に置き重ね我が身を想うのです。
いつから茶席に花を入れるようになったかは定かではありませんが、花の命に自身の境遇を重ね合わせることで生きている意味を見出そうとしたのでしょう。
何かに期待することなく、依存することなく、ただ不思議にも与えられた命を今の瞬間を思いながら生きていくだけで良いのです。
最近そう思うようになりました。
タグ:茶道裏千家
posted by torianchado at 12:32| Comment(0) | 日記

2021年12月15日

光陰矢のごとし

気がつけば師走に入っていました。
今年はオリンピック、パラリンピックの開催、前年から続くコロナウィルスの猛威、天候不順、色々なことがありました。年を重ねると月日が早く過ぎていくと感じますが、自分にとっては時間は比較的ゆっくり過ぎていきました。
とにかく目の前のことを片付けるのになりふり構わずでした。1つ終さ?わると次は全く別のこと、それが一日
のうちに違う予定が3回入ることもザラにありました。
だからこそ『光陰矢のごとし』と言いますが、時間を一瞬一瞬を意識しながら生きることが大切ですね。
今年もあと少しですが、時の流れを感じながら過ごしていきたいものですね。
周りは慌ただしく、色々なことが起こっていますが、惑わされることなく自分に集中して
過ごしていきましょう。
posted by torianchado at 15:41| Comment(0) | 日記

2021年12月14日

稽古仕舞い

今日は師匠宅で年内最後の稽古でした。七事式を稽古させていただき、食事をご一緒させていただきました。

毎年少しでも師に近づこうと努力していますが、稽古に伺うたびにまだまだだと痛感させられます。
点前、水屋、道具これからまだまだ勉強しないといけないことが山積みです。

1日として無駄にしてはいけないと思いたくさんの学びを与えてもらえることに感謝しています。

教室の稽古はもう少しありますが、今年は茶事、稽古、灰形、茶花、点前だけではないたくさんのことこれからも教えつつ学びつつ研鑽を積みたいです。
posted by torianchado at 21:56| Comment(0) | 日記