2018年03月10日

つながっていく つながっていく

今年は例年になく年始からあわただしいスタートになりました。去年から数十年ぶりの寒さが続いていますが「雪是兆豊年」の言葉通りいろいろなことが始まる予感がします。何事も続いてこそ道ですがいつも化もうまくいくわけではありません。長い下り坂の時もあれば晴れたすがすがしい時もあります。少し先が見えた今思うことは何をやるにも目標をもって見失わないことです。自分自身は茶道をして生きていこうと思って今もそのように生きていますが、やめようと思ったことも何度もあります。しかし、結局ただ純粋にお茶が好きという気持ちは変わらなかったので、お茶の方から近付いてきて話してくれなかったというのが正直な気持ちです。
お茶の何が良いかというと新しい人との出会いがあってもお茶をもって人と接すれば心の付き合いができるということです。日本にとどまらずもっと世界にお茶をと思っていると英語が必要になる。ほぼ話せなかった英語も2年間ほぼ毎日努力して今はほとんど困らないレベルになりました。
今までやってきたことが振り返ってみるとつながっている。目標や自分のやりたいことがあるからだと思います。
これからも探し続けていきたいです。見えない何かを。
posted by torianchado at 14:21| Comment(0) | 日記

2018年03月01日

東京ビッグサイト呈茶

今朝は寒い一日でした。昨日は有明の東京ビックサイトにて再生可能エネルギーのエキシビジョンにて『和」をテーマにしているGPSSホールディングス株式会社のブースにて来客者に呈茶をしてきました。国際色豊かな中で会場でひときわ和を強調したブースまるでその場所だけ別空間が演出されていました。
今回もお家元が考案された和親棚を使用しました。この棚は持ち運びも簡単でしかも軽いです。
どの空間にでもマッチするようにできていて、改めて良い棚だと思いました。

どこでどんな状況でも時にはそこへ出向いてお茶を飲んでもらう。それで人と人との間に輪が広がります。
心がつながれば一瞬の出会いであっても見知らぬだれかとつながれます。

お茶は良いですね。

IMG_5262.JPG

posted by torianchado at 11:29| Comment(0) | 日記

2018年02月23日

味噌とトマトソース

我が家では自家製味噌を作っています。
どこの国にでもソールフードがあるように日本では味噌がその一つです。
今日は味噌をお客さまに出したらとても喜んでもらえました。3月にまた新しく味噌を仕込むのでその時は
一緒に来たいと言ってくれました。
子どもの頃から家族が味噌を作っている姿を見て育ったというのはおそらくもう一世代前に話だと思いますが、母は仕事を辞めてから自分で作り始めました。
おばあさんがイタリア人というMellissaさんは子供の頃おばあさんの家に行くと近所の人たちがトマトを大量に持ち寄ってトマトソースを作っていたそうです。井田端会議さながらのその光景は今でも彼女の記憶に鮮明に残っているそうです。

このようなコミニケションがインターネットの普及によって多様化されています。
茶道はお茶の部分だけが取り上げられますが、懐石料理など食事を共にし距離が縮まった中で一座建立が生まれます。
茶事をしてはじめてお茶がわかるものです。

これからも多くのことに興味を持ち新しい発見を楽しみにしていきたいです。




posted by torianchado at 21:52| Comment(0) | 日記

2018年02月22日

神様からの贈り物

今日は寒い日でした。午前中ゲストが来る予定でしたが、都合が悪くなってみんなキャンセルでした。
予定があった日に思わず空いてしまうと今までできなかったことが色々できるようになって得した気分になります空いた時間を有効に使うことが出来てよい一日となりました。
直前のキャンセルというのはやはり多少なりとも気持ちが下がると思います。ある程度は相手があることですから相手には過度に期待しないのが心構えとして大切だと思います。しかしこれは神様から与えられたプレゼントの時間だと気が付くと心も軽くなります。
毎日が明るく暮らせるように心を収めるために今に集中することが大切です。
お点前をしているときがまさにその時です。
posted by torianchado at 21:39| Comment(0) | 日記

2018年02月13日

春が来て

立春が過ぎて春を迎える気持ちが日ごとに増してきています。
先日友人がFacebookで意味深な投稿をしていたので気になって話したら体調を少し崩していたとのことで入院したとかではなかったので安心しました。茶道を東京で始める時も、ホームページを作るときも京都から引っ越すときもすべてこの友人が側にいました。一番信頼している友人です。
いつもプライドを持って生きることに真剣に向き合い、弱音も吐かず柔軟に毎日を生きているそんな彼をずっと尊敬しています。
毎年正月には大学時代の友達と会うのですが、去年、祖母と伯父が相次いで他界し、うら寂しい気持ちでいっぱいでしたが友人のいつも自分は元気に変わらずやっているとメッセージに冬の日の中の小春日和を得たような気持でした。
今年も精いっぱいお茶をやります。

posted by torianchado at 17:19| Comment(0) | 日記