2018年06月13日

嬉しかったこと

先週京都専門学校時代の友人がうちに泊まりに来ました。利休時代の茶人「山上宗二」の「粗相」という言葉についてずっと研究している友人。今回論文の審査が通り来年の早い時期に本を出すことになったようです。

去年の専門学校の事務室から連絡があり、外国人コースで仲が良かったベネズエラのロベルト氏がコンタクトをとりたいという旨の連絡でした。
その後、12年ぶりにメールですがいろいろなことを話しました。
何よりうれしかったのは、今も連絡を取りたいと思っていてくれて何度も京都に連絡を入れてくれていることでした。知り合ったときはまだ半人前で先のことはどうなるかわからない状況で緊張感の中、毎日暮らしていましたが優しいロベルトに辛いこと相談して何度も勇気づけてもらいました。

お茶でつながった良縁がこのまま続いてほしいと本当に心から願いました。

有難うミンジョンさん、ロベルトさん
posted by torianchado at 17:46| Comment(0) | 日記

2018年06月10日

育成功労者賞受賞

今日は東京地区大会が赤坂のホテルで行われました。
雨の降る中でしたが、5000人もの同門の方々が会場に集いました。
今回はたくさんの社中の方たちとともに育成功労者賞の受賞に臨みました。
2年前に京都で12年ぶりにお家元にお目にかかりました。またこんなに早くお目にかかれるとは思いませんでした。
受賞はほかの9名の先生方と一緒に登壇させていただきました。
東京オリンピック、ラグビーワールドカップ、インバウンドの増加、世界中の方が日本に興味を持ってこの国に来るのを楽しみにしています。
茶道を通じてたくさんの方と知り合い共感し分かち合う。日本には500年近くも続く素晴らしい文化があって、それが今も続いていることのすごさをあらためて痛感しました。

これからの目標はより多くの方に茶道を含む日本文化に触れる機会を提供する機会を作ることです。
そのためにすべきことがこれから目の前に開かれていく道です。

見えない先のことを考えるよりも未来に希望と目標を持ち定めて今に集中することが自分のなすべきことだと
信じています。

受賞式は終わりました。けれど終わりは新しい始まりです。




posted by torianchado at 18:14| Comment(0) | 日記

2018年05月25日

茶道体験

今日はニュージーランドからお客様が来られました。と言っても現地でB&Bをされている方で日本料理教室のあとお茶を出したことがきっかけでお茶をもっと学びたいと思い稽古に来られました。学ぶことは人生において大切です。常に向上するからこそ生きていくのも楽しくなります。答えは簡単に見つかりません。毎回疑問の連続です。
けれど考えて実際に行ってみてまた考えてを繰り返しているうちに答えに近づいているのです。
体で感じ取らないとわからないのkがお茶です。
道が開かれるかどうかは、その人の心次第です。
posted by torianchado at 16:26| Comment(0) | 日記

2018年05月17日

道を掴んで

人生において志を持ち続けるならばおのずから必要なこと、出会うべき人が不思議と現れる。
上京してからずっと応援し続けてくれた人がいる。先週の茶会の尊敬して止まないM先生にお声がけしたが
ご都合が悪くお招きすることが出来なかった。英語茶道の先駆者であり東京に来てからいろいろ世話を焼いてくださった方。日本語以外で茶道を伝えることの意義を教えてくださった方である。
ご都合を伺うのに電話を差し上げたところご都合がつかないとのことだったが、とても喜んでくださり
去年から今年にかけてあった出来事を報告した。
「道を掴んでその道を進んでいきなさい」先生の言葉に心が震えた。
自分の道は自分でしか見つけて掴むことが出来ない。ようやくつかんだとしてもそこに乗って歩いて行かなくてはならない。この先どのように道が展開していくかは誰にもわからないけれどそれでいい。
予測通りにいかないのが常。志という道しるべを頼りにただ進むだけである。

posted by torianchado at 08:59| Comment(0) | 日記

2018年05月14日

茶会を終えて

昨日は念願かなって上野毛の五島美術館の茶室を借りて社中の茶会を行いました。
東京に初めて来たときにいつかはこの場所で茶会をしたいとずっと思っていてようやく昨日実現することが出来ました。
とうりあん茶道教室を初めて12年がたちました。茶道を始めたころと今とは大分かわりましたが心の底にあるいつかこの道を人生の中心据えたいという気持ちはずっと変わりませんでした。岩が削られて風雪にさらされても
なお立ち続けているように心の心柱は中心にあり続けるものです。

自分のできることで誰かに貢献できることがないかと考え抜いた末にたどり着いたのが茶道でした。
道を目指せばたとえ全く関係ないことをしているように見えてもいつの間にか軌道修正されてその道に乗っているものです。
自分のやっていることが一人でも多くの人に勇気を与えるものになっていけば一番の幸せです。
有名でも偉くもなく立派でなくても良いのでただ好きなことをやっていける人生が自分にとって幸せであれば周りの人にも勇気を与えるかもしれないと思っています。


posted by torianchado at 20:02| Comment(0) | 日記