2020年01月19日

日本最古のお茶紹介

今日は朝から霙まじりの寒い1日でした。
寒い中秩父宮ラグビーでは試合が行われていました。
今日は、そのすぐそばにある日本青年館ホテルの9階ロビーにてお茶紹介をさせていただきました。

58CD9970-3BF8-4FD4-922E-587414970208.jpeg
お家元好みの和親棚で盆略点前で紹介いたしました。

8F0D895F-4363-407C-9FE3-402870430734.jpeg

ED904389-E021-41F4-B700-F506FFF5EECF.jpeg

7A03C5D0-F9E1-4860-ABD7-EEB3C31DD682.jpeg

3FA49210-52C0-477C-B2CD-306CCDB49F98.jpeg
滋賀県甲賀市丸吉さんのほうじ茶最中
口の中にほのかに残るほうじ茶を感じるお菓子でした。

posted by torianchado at 00:33| Comment(1) | 日記

2020年01月14日

挑戦

明日は朝から撮影があります。お茶にフォーカスしたものでYouTubeチャンネルで使用するそうです。
正月中もこのやり取りでもたもたしていました。しかし教室を続けていることで色々な方々興味を持ってくださり、お陰で茶道紹介をさせてもらえるのはなんともありがたいことです。
当面の目標は英語のスキルアップです。3年と期限も設定しました。
3年間でもう少しきれいな英語を話すこと、語彙わわ増やすこと、話す機会を作ることを目標にやっていきたいです。年齢とともに記憶力や能力も落ちていくのはやむを得ないですが、できないとは思えません。
お茶も同じです。人がよりよく暮らしていくのになくてはならないのがお茶です。
お茶を飲むとこころが落ち着きます。人が繋がります。新しい出会いがあり、心の交わりができます。
そんなこと考えたらあきらめるとか年齢のこととか考えてられません。時間がもったいないです。
考える前にやってみよう!
今年もこの気持ちで挑戦を続けたいです。
posted by torianchado at 09:58| Comment(0) | 日記

2020年01月13日

とうりあん新年発茶会

令和になって初めての教室の初釜が終わりました。
2日間でなんとか終わることができました。
去年から区切りがつくことなく様々な依頼があったり、お願いしたりすることをこなしていると知らないうちに年が明けていました。メールのやり取りは正月中も終わることなく続き我ながらけじめの無さに反省しました。
なんとか準備を終えて社中の皆さんをお迎えすることができました。
相変わらず手探りで試行錯誤をしていますが、お茶の魅力を伝えたい気持ちは人一倍です。
本年もどうぞ宜しくお願いします。

F00CF670-079C-4CA1-831D-97BB903581D8.jpeg
今年は気に入った水引を見つけ飾りました

FB50CD9D-42FC-419C-BF9E-64F17F8F1332.jpeg
おもとを使って生け花を飾りました

B8F8971D-38F2-4488-B98B-01501A04B421.jpeg
床の間

164AF790-2FB6-4E1F-BED3-08B656AB7C95.jpeg
点前座 小棚

3AA4061D-F25F-4A4F-B858-53BA3C53B91E.jpeg
炉縁も去年気に入って求めたもの
posted by torianchado at 18:00| Comment(0) | 日記

2020年01月09日

実践哲学

自らの手で行なうことは大昔から当たり前のように人間がその営みの中で培い洗練してきました。
禅の逸話の本で読んだことがありますが、自ら行なうことが自分自身を高めてくれたり、自分の生きている意義を確認させてくれます。現代は便利になり、自分で行なう機会も減少気味に感じますが、茶道はまさに自ら行なうことを実践しているものの一つだと思います。
自ら行なうことによって学び、軌道修正をして目標に向かって進む。より良い自分として生きることは人生の目的の一つでもあります。
裏千家の前家元鵬雲斎宗匠は『茶道は実践哲学である』とよく言われていました。以下、名人や有名な人を呼んで代わりにお茶を点ててもらっても自分の行いにはなりません。
やはり、自分で考え十分し顧みて軌道修正をしていく。この道なは尽きると思います。

posted by torianchado at 09:37| Comment(0) | 日記

2020年01月04日

洗足池公園にて

あけましておめでとうございます。今年も何が起こるのか楽しみな一年が始まります。

元旦に関西の実家に戻り、3日に東京に戻りました。
両親、兄弟、甥や姪も変わりなく元気にしていてまずは幸先の良いスタートでした。

今、長男の課題の付き合いで洗足池公園に来ています。
野鳥の観察ですがなんとなくついてきてみると、これがまた楽しい。
自分が普段はタブレットや近くにある画面ばかり見ている生活をしていたので、池全体や鳥たちの仕草を観察するのもとても楽しく新鮮でした。

忙裏山看我閑中我看山
忙しい時とゆとりのある時はモノの見方が逆転します。
今は池を見ていますが、忙しい時は池の存在すら素通りしています。

近くのことばかりにとらわれずにたまには池のそばで佇むのも悪くないと思いました。
それにしても、時間の流れが悠久。
いつまでもここにいたい…そんな気持ちです。

近くに勝海舟翁の記念館があったので今度訪ねてみたいです。



posted by torianchado at 15:25| Comment(0) | 日記