2018年10月06日

Holiday at Yatsugatake mountain.

We fully enjoyed a nice holiday visiting a village at the foot of Yatsugatake mountain range over last weekend where it was a bit too early to see autumn leaves. Never the less weather was fine enough to make us satisfy with wonderful rustic landscape in between late summer and early autumn.

Ancients in a Jyomon era (a period from 131th to 4th century BC) are said to have dwelled in this Hokuto City as we identified a couple of prehistoric sites nearby the hometown museum. it was in the middle of season for farmers harvesting white and green cabbage. They were appeared to have been working hard from early morning to late evening in this season to see bundles of golden colored rice plants that made us relaxed as felt time going more slowly.

AD4CE769-F9E4-4682-BBEC-F3D6A723964A.jpeg
So many ripe chestnuts seen under trees.

CB2D21E8-10E1-4E91-8B16-624D7A37FE8E.jpeg
Herd of cattle eating grasses seen at the Ranch Park.

It was a day after a long time to have a great time making us feel happy on autumn equinox day.
posted by torianchado at 22:20| Comment(0) | 日記

2018年10月03日

名残り

10月になりました。秋らしい日が増えてきました。
虫の音、風、秋草、月、収穫、春とは違った楽しみがあります。
春はこれから何かが動き出す生命の始まりを感じますが秋は様々なものが成熟した雰囲気があります。
時間は絶えず流れるもの、ずっと春のままで居られないしずっと秋のままでもいられない。
流れるのは時計で刻まれた時間ではなく太陽が昇り沈み、春夏秋冬が巡ってくる季節。
名残りもその1つ。これから冬に向けて過ぎていく流れの1つ。
存分に味わいたいものです。
posted by torianchado at 00:07| Comment(0) | 日記

2018年09月24日

秋の山

9月の2回目の連休は八ヶ岳に。里の秋は紅葉はまだ始まっていませんでしたが、夏の終わりと秋の訪れを楽しめる良い天気でした。

北杜市には縄文時代から人間が住んでいたようで、郷土資料館の近くに遺跡の後もありました。田畑では収穫真っ最中でした。白菜、キャベツの収穫に朝から作業に追われる人、金色に輝く稲穂が収穫されてどんどん稲束が現れている姿をみるのもゆっくり時間が過ぎて肩の力が抜けました。

AD4CE769-F9E4-4682-BBEC-F3D6A723964A.jpeg
栗の木の下には熟れた栗がたくさん落ちていました。


CB2D21E8-10E1-4E91-8B16-624D7A37FE8E.jpeg
まきば公園には沢山の牛たちがのんびり草を食んでいました。


秋分の日の1日を久しぶりに秋らしく過ごせました。
posted by torianchado at 10:43| Comment(0) | 日記

2018年09月19日

Start up of tea lesson.

A new student joined our school! -Monsieur Yannick’s first tea lesson!

We always welcome any new students if they are enthusiastic to learn about Japanese culture.
We learned about such seasonal events of Japan as cho-yo no sekku and moon viewing of this month.
He did very well on his procedure to make tea.

新弟子が入門しました。岡倉天心の「茶の本」に感銘を受けて。
歳時記、お点前も日本人と同内容で勉強しました。
初稽古、無事に終わりました。


09AE44C9-E142-40AF-92E5-32FA5C468C47.jpeg
Learning how to fold the Fukusa.

D86CDC4C-B581-4A3F-A4AB-2B268FE025D3.jpeg
This is his first bow to join our tea school.

D6EBE886-D5E9-4FDC-B1C6-2D9C5E88B34D.jpeg



posted by torianchado at 07:23| Comment(0) | 日記

2018年09月17日

それぞれの個性で。

多様性という言葉を耳にし始めたのはいつだったか忘れましたが、社会の仕組みは既存のものから形が様々変わっています。社会問題が表面化し、1世代前に通用したことが価値観が変わり上手くいかなくなっていることが毎日、新聞テレビで取り上げられているのをみてもわかります。茶道の世界もそう大きくは変わりませんが、やはり昔からのやり方一辺倒では世の中に順応しにくくなっているようです。今の茶道に興味がある世代の人の考え方、和文化の中で注目されているもの、全く別のジャンルで実は日本文化に影響を受けてるもの、著名人の発信する和文化のこと。毎日情報を得て自分で考えて自分の教室らしい教室をつくっていく。一方で組織は今の社会と同じままで運営されていると思います。それはそれで大切なものですが、時代に合わせた考え方を加えていくことが必要になってくると思います。これから新しい時代が来るのでその時に合わせてそれぞれが自分磨くことが必要です!
posted by torianchado at 10:45| Comment(0) | 日記